見出し画像

夏の魔物

【イラスト】

緑川_桃(@Greeeeeenpeach)

【お題】

嫌い

【登場人物】

拓也(幼少期10歳/青年期21歳)
 :夏になると嫌なものが黒い陽炎のように具
  現化され、見えてしまう主人公。宿題や
  課題、就活など一般的に嫌がられるものを
  拓也も苦手としている。他はいたって普通
  の男性。
  千夏に片思い中。

千夏(青年期21歳)
 :拓也の大学での学友。拓也のことを気に入
  っている。

母(34)
 :拓也の母。

【本文】

〇 (夏)(夕方)ある家・部屋
  ひぐらしが鳴く。勉強机には、ノートが山
  積みになっている。
母off「拓也~、あんた宿題やったの? 拓也~
 いるんでしょ返事しなさい!」
  カーテンが揺れて、空っぽの部屋は夕焼け
  に照らされている。

〇 住宅街・道路
  息が上げた口元。
  拓也、走る。後ろに迫る黒い影。
  黒い影、走る拓也を飲み込む。

〇 (夏)ある大学・講堂
  暗闇の中、微かに聞こえてくる千夏の声。
千夏off「……や。……たくや。……拓也!」
  大学生の拓也、目を覚ます。
  チャイムが鳴り、席を立つ生徒たち。
  千夏、拓也を見つめる。
千夏「今日も爆睡だったね~。今日まともに授
 業受けてないっしょ」
  拓也、起き上がる。
拓也「(伸びをしながら)……どれくらい寝て
 た?」
千夏「ずっとだよ。まじ寝すぎだから」
  千夏、バッグを漁りノートを差し出す。
千夏「ん。今日の分」
拓也「(ノートに手を伸ばしながら)マジ助かる
 わー」
  千夏、ノートを引っ込めて手を出す。
千夏「その前に、今日の分!」
拓也「(眉をひそめる)……へいへい」
  拓也、しぶしぶ財布を取り出し2000円を差
  し出す。
千夏「(受け取りながら)毎度あり!」
  
〇 (夏)あるコンビニ・コピー機の前
  コピーを取る拓也。
  千夏、商品を物色する。
千夏「ねー、拓也」
拓也「んー?」
千夏「今日は何の夢見たの」
拓也「あー……」

〇 (回想)住宅街・道路
  黒い影から逃げる拓也。

〇 (回想戻り)あるコンビニ・コピー機の前
  コピー機を見つめる拓也。
拓也「夏の魔物に食われる夢」
千夏「なにそれ、意味わかんない」
拓也「俺にもわからん」
  拓也の方に歩いてくる千夏。
千夏「暑さにでもやられたんじゃない?」
  外を見る千夏。
  木に蝉が止まって鳴いている。
千夏「馬鹿みたいに暑いしね、そりゃそうなる
 わ」
拓也「(呟く)なんかそんなんじゃなかった気が
 するけど」
千夏「そんなことよりさー。明日の就活、なん
 か対策した?」
拓也「してると思う?」
千夏「してないと思う」
拓也「ご名答」
千夏「そんなんで大丈夫なんですかねー。拓也
 くんは」
  千夏、コピー機を見つめる拓也の顔を覗き
  込む。コピー機がエラー音を発する。
拓也「あ」

〇 佳音のアパートの前
  外階段を上る佳音。見送る拓也。
千夏「ほんとにお茶飲んでかなくていいの?」
拓也「うん。今日は帰るよ」
千夏「ふーん。女とデートか!」
拓也「ちげーよ!」
千夏「図星か!」
拓也「ちげーって!」
  千夏、自分の部屋へと入っていく。
千夏「結果、聞かせてね」
  千夏、いたずらそうに笑い、戸を閉める。
拓也「おい!」
  拓也、溜息をつきノートのコピーを見る。
  拓也の目の前に黒い影が現れ、飲まれる。
  ×  ×  ×
  再び玄関のドアを開けて顔を出す千夏。
千夏「そうそう、今日課題出てるから――」
  誰もいない外。辺りを見渡す千夏。
千夏「帰んのはっや」
  ひぐらしが鳴く。

〇 (夏)ある会社・面接会場
  スーツを着る拓也。
  外で蝉が鳴いている。
  周りには黒い影がうごめいている。
  ×  ×  ×
  拓也、黒い影と共に黒い影に面接をする。
  拓也、だんだん委縮していく。

〇 ある会社・前
  会社から出てくる、黒い影。その中に拓也
  の姿。
  溜息をつきながら歩く拓也。
  拓也、肩をたたかれる。スーツ姿の千夏。
千夏「落ちたか? 滑ったか?? 転んだ
 か???」
  拓也に笑顔が戻る。
拓也「やめろやめろ!」
  千夏を小突く拓也。千夏、拓也の笑顔に安
  堵する。
  二人仲良く歩く後ろ姿。
  周りの黒い影が普通の就活生へと変わり、
  拓也の周りが明るくなっていく。
  木に止まった、ひぐらしが鳴いている。
                    
                  (おわり)

【あとがき】

 小柳菜ノ花です。

 今回、ものすごい多忙の緑川_桃にイラストを描いてもらいました。更新の日時が決まっていないので、「後で、線画だけ書いてくれる~?」とお願いしたところ、千夏のことをとても気に入ってくれたみたいで、とても凝って作ってくれました。

 いつもありがとう(*´ω`*)

 ちなみに、イラストは本文を読んでもらって、_桃が気に入ったところを切り取って書いてもらっています。なので、今回のイラストは_桃のお気に入りのシーンで、タイトルと全く関係ありません((

 _桃の謎チョイスも楽しみながら、作品をご覧ください。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがたき幸せ!サポートしてもらったら、もらったお金で……貯金しますw

❀.(*´▽`*)❀.
10

小柳菜ノ花

ショートショート作品を書く、にじゅちゃいじ更新は割と気まぐれですが、頻度は高めです。最低でも2週に1度は更新します。Twitterで更新したらお知らせしてますので、ぜひ。ゲーム作成チーム「俺たちが作りました」所属。

1ペラ脚本

コメント1件

千夏ぅぅぅぅぅぅぅ!可愛いよぉ!んああああああああああああ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。