趣味としてのクリエイティブ・コーディング

この文書は何か?
全くのプログラミング初心者の方に向けた、一緒にクリエイティブ・コーディングしませんか、というお誘いです。

何が目的か?
私は他の人の作品をもっと見たい!
そのために、趣味でクリエイティブ・コーディングをやる人がどんどん増えて欲しいのです。

クリエイティブコーディングの楽しさ

私、趣味でクリエイティブ・コーディングをやっている者です。
こんなのを作ってます。

これらは人の手を加えること無しで、全てプログラムが書き出した絵なんです。

プログラムでこんなのを書くなんて難しそうだと思いますか?
それがそうでもないんです。

確かに最初から「こういう絵を書こう」と思って、そのとおりに動くプログラムを設計して書くということはとても難しいと思います。

私が作った先程の例はそういう風に作られたものではなく、プログラムを書きながら遊んでいたら偶然面白い形を見つけて、それをああでもないこうでもないと少しずつ変えていったら出来上がったというものです。

いわば偶然の産物なんです。

この「偶然」は趣味のクリエイティブ・コーディングの醍醐味だと私は思っていて、自分でも想像していなかったものが生み出される楽しさ、こうしたらどうなるんだろう?ここを変えたら何が出てくるんだろう?といつもワクワクさせられる楽しさがあるんですよ。

プログラミング初心者でも大丈夫?

大丈夫じゃないかと思います。

生まれた瞬間からキーボード叩いてた人はいないわけで、興味があってやってみたいなと思ったり、ちょっとやってみて面白いと感じられるなら大丈夫だと思います。

大体「趣味としてのクリエイティブ・コーディング」なので我慢してやるようなことでもないですし、「つまんないからや~めた」も全然アリです。

詳しくはまた後で説明しますが、気軽に始められるようにインストールとか特に必要無い p5.js というものを使うことを考えています。
平たく言うと「手ぶらで始められる習い事」みたいな感じ。

これならやめたくなったときも「…でも、あれだけ準備に苦労したのにもったいないな」なんて感じずにスパッとやめられるでしょう?

面白いのかどうかちょっと試してみようって感覚で、気楽に始めましょう。

これやればプロになれる?

「趣味の」なのでそういうことは目指してません。
でも、なれないとも言えません。

つまり、わかりません。

ついて行けるかな?

牛歩もびっくりの超スローペースで進む予定です。

プログラミングを始めたばっかりのときは、エディタでファイルを開くということだけでも大変だったりするし、ワケわからん言葉が山のように出てくるし、最初のうちはそれら周辺の情報で頭がいっぱいだと思います。

それら周辺のことに慣れるまでにはそれなりの時間と経験が必要なので、ゆ~っくりと進めます。

あと、「難しいことを簡単に説明して理解してもらおう」なんてこと考えてません。
理解できていようとできていまいと、とにかく動かして楽しめることが優先です。

でも、作品作るってとても大変なんじゃ…?

難しいプログラミングの勉強しないといけないとか、いいアイディアが出なくて苦しいとか?

そんなもんありませんよ。

趣味のクリエイティブ・コーディングの目的はその行為自体を楽しむことです。
何かしら形のあるものは出来ますけど、「作品」と呼べるようなものは出来ても出来なくてもいいんです。

もちろん、面白い作品が出来たら楽しいし、人に褒められたら嬉しいですけど、それより何かしらの形を自分の手で生み出すこと、それに手を加えて思ったとおりに動くこと、予想外の結果が出ること、その試行錯誤が楽しいんです。

プログラミングの知識が多いほど出来ることも拡がるので勉強もしますが、それもやりたいからやってることです。
嫌ならプログラミングの勉強なんてしなくてもいいんです。

プログラミングの勉強のためとか堅苦しいこと抜きにして、嗜みとしてのクリエイティブ・コーディング人生に潤いを与えるクリエイティブ・コーディング、あなたも始めてみませんか?


記事の一覧はこちらです。



更新履歴
18/10/13 「ついて行けるかな?」を追加。マガジンへのリンク追加。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

北海道産の小豆が高騰!ぜんざいの危機迫る! 健やかなぜんざいライフのため、サポートよろしくお願いします!

ありがとうございます!どうぞ他の記事もお楽しみください。
20

deconbatch

趣味としてのクリエイティブ・コーディング

全くのプログラミング初心者の方に向けた、一緒にクリエイティブ・コーディングしませんか、というお誘い
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。