”歴史を知らない”ぼくが「面白い」と思った歴史本3選

どーも、歴史をほぼ知らない小太りです。

正直「〇〇時代」を全部言える自信がありません。(縄文・弥生ぐらいしか知らない)

以前から「歴史は面白い」「歴史を学ぶといい」と言われて、挑戦したのですが「全然面白くねーわ!」と挫折してました。

そもそも歴史って名前が難しいし、複雑で覚えづらいので、面白くない・・

そんなぼくでも「あれ?歴史って面白いかも?」と思える本に出会ったので、紹介させてください(スライディング土下座)

ちなみに一気に3冊ぐらいの本を読破して「歴史学びたいモード(確変中)」に突入しています。

ぼくのように「歴史マジで分からない。織田信長・豊臣秀吉・徳川家康ぐらいしか知らない」という人でも楽しめると思うので、ぜひぜひ(手をスリスリ・・)

■ストーリーで学び直す大人の日本史講義

この本で「あ、歴史って難しくないかも!」と思いました。

内容としては「歴史を最初から現代まで、ストーリー重視でサラッとおさらいするよ!」ってものです。

ポイントは「ストーリー重視」ってことで、単語の暗記になりがちな歴史を「流れ」で読み解くことができました。

「〇〇の乱が起きたのは〇〇が原因だったのね!」という発見もあり、サクサク読めます。

もし読むなら「自分の興味ある時代だけ読む」って方法がオススメ!

ぼくの場合「戦国・江戸・幕末」から読んだのですが、この方法が成功しました。

歴史を学ぶときに「最初から順番に読む」必要はなく、自分の興味あるとこだけ、つまみ食いしましょう!

徐々に興味がわけば、どんどん広げていけばいいと思います。

■笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代

この本は歴史に詳しい芸人の方が「超分かりやすく戦国時代をまとめたもの」です。

難しいことを一切書かず「いかに分かりやすく戦国時代を伝えるのか?」にポイントが絞られており、ぼくみたいな素人でもスルスル読むことができました。

漫才の台本みたいにテンポのいい会話が続くので、飽きずに最後まで読めます!

個人的には真田一族(真田丸の人)の話が、とてもドラマティックで面白かったですね。

■陰謀の日本中世史

この本はベストセラーになった「応仁の乱」の著者の新作ですね。

「この事件は裏で〇〇が操っていた!」という陰謀論をズバズバ論破していく本です。

謎の多い「本能寺の変」も史実を元に、陰謀論を切り裂いていきます、痛快。

この本は「歴史を向き合う姿勢」を書いてくれており、それは「簡単な因果関係ではなく、史実を元に緻密に論を展開していこう」ってものです。

まあ「フェイクニュースに流されず、事実を確認して判断しようぜ」という、現代にも通じるものでした。

これから触れていく「歴史」が創作なのか?史実なのか?を考える必要があるな、と思わせてくれた本です。あざます。

■歴史って意外と楽しいかも?

上記の3つの本を読んだり、ネットで歴史を調べるようになって「歴史って面白いのでは?」と思うようになっています(いつまで続くかは不明)。

歴史って人間が実際に起こしたドラマなので、ストーリーをメインに追いかければ面白いに決まってますよね。

歴史を学ぶと「人間って争いばっかりしてるなあ」「数百年前まで日本でもテロがあった」などと、長期的な視野を持つことができます。

中学校の時は「単語を暗記するだけのもの」でしたが、意外と奥が深く、興味が湧いています(いつまで続くかは不明)。

「歴史学びたいモード」という確変タイムに入っているので、アマゾンで面白うな本があったら買っていきます(いつまで続くか不明)。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!! 記事が面白かったら、ぜひSNSでシェアいただければ!(それはもう嬉しくて、飛び跳ねます)

記事読んでいただきありがとうございます!

小太り

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。