3か月後のFCoinにまだ張健はいるのか?(金色財経独占インタビュー全文)

1週間前、Fcoinは”FCoinに関する3つの真相、一つの計画と切り札”という発表をし、中国オフィシャルTelegramでは大きな話題となりました。
発表では、張健氏は”3ヶ月以内にFCoinをコミュニティに返還する”ということであり、一部の人は張健氏が逃げ出すのではないかと考えたからです。 真相は一体何でしょう?皆さん、張健氏という人物を見誤ってませんか?

金色財経は直ぐ様、張健氏本人に独占インタビューを行い、熱い話を聞かせてもらいました。FCoinは養分を刈り取っただけなのか?トークンエコノミーの先駆者となるのか?今すぐ読んで下さい!

1.FCoinがコミュニティに返還されると、張健はいなくなるのか?

 今回、皆さんはこの言葉の意味を大きく誤解しています!三ヶ月内にコミュニティに返還するというのは、私が関係なくなることではなく、私は真のコミュニティガバナンスの仕組みを構築しようとしています。
 また、この3ヶ月間、最新の進捗状況も止まること無く発表し、全てのユーザーに本当に透明なFCoinの成長を見てもらいます!
 発展初期にあたり、マーケットの状況は日々変化し、FCoinは対策を素早く決定しなければならず、140あまりの発表をしました。私はコミュニティからの声を多く聞きましたが、最終的には一人で決定する必要がありました。
 3ヶ月後、一旦このコミュニティの中心を構築すると、状況は良くなり、真の意味で”集合的な意思決定”をする、ということが実現します。
 もちろん、”集合的な意思決定”は必ずしも一人一票の意味ではありません。しかし、コミュニティベースの意思決定の仕組みがある限り、意思決定は合理的な道を歩みます。 そして私は、コミュニティ委員会のような意思決定機関において役割を果たします。
2.FCoinのコミュニティ化にはすでに明確な計画とスケジュールがある


 FCoinの発表が大きな波として発表されようとしています!明確な計画とスケジュールに加え、発表にはどんな驚きがあるか、皆さんしっかりと見ていて下さい!

3.FCoinのユーザーがコミュニティの主人です。


 FCoinのコミュニティ化を構築し、会社という仕組みを脱することが私、及びFCoinチームの最初の核心であり目標でも有りました。
 コミュニティガバナンスの理想的な状態は、FT保有者がFCoinからの分配を貰えるだけでなく、FCoinの意思決定に参加すること重要です。
それは、コミュニティユーザーがFCoinの真の所有者であると意味します。

4. FCoinは3ヶ月後にコミュニティに返還し、分散化への大きな一歩を踏み出します。


 コミュニティガバナンス自体は分散型の運営をします! FCoinの目標は分権化してコミュニティベースの構造を達成することです! 現在、「基礎」である技術とシステムに取り組んでいます! もちろん、3ヶ月は長い時間ではないのですが、しっかり見ていて下さい!

5.FTの採掘が終わりそうですが、新たな参入者がいないと価格は上がらないのでは無いでしょうか? 

 このように考えるのは大きな間違いです! FTの採掘が終わるのはマーケットにとって悪いことではなく、良いことです! FTの発行が終わったあと、マーケット価格は安定しますが、ユーザーは毎日プラットフォームの収益の80%を配当として得ることができ、取引所としてFCoinは独自のプラットフォームコインを持つだけでなく、更に多くの優良なコインを持つでしょう。
 FCoinのプラットフォームではBTCやETHなどのメジャーコインの価格は比較的高く、この様な条件の元、FTホルダーとして、あなたは何を恐れることがあるのでしょうか?

6.FI、FCandyは金か?草コインか? 

 最近、誰もがFIに対し不平不満を言っており、価格の下落は体が空中に放り出されたかのようだと言います。金色財経は今回皆さんにいいニュースがあります!FIはすでに製品になりました!
 張建は、”保険の収益性は非常に強いです。 マーケットは多くの草コインで溢れていますが、FIはコインの機能性を持ったビジネスです。”と言います。 金色財経は観察を通じて、今FTはまだオープンプライスの10倍以上の上昇の値を付けているいうことを見落としているかもしれません、と考えます。 FTが直面する市場の圧力は、初期の大幅上昇からもたらされ、ベアーマーケットの状況で通貨の価格に多くの圧力をかけることになります。 FCandyに関しては、誰もが長期的に保持しなければなりません! それは外に流通する「現金」となるからです。

7、FCoinの真の未来 

 FCoinはゼロから1へのコールドスタートを完了しました。次は、FCoin2.0の時代であり、それは製品と技術へ立ち返り、取引所としての機能に戻ることです。 
 張建氏は、仮想通貨業界全体が成熟しておらず、価値判断の基準やルールがないと述べましたが、FCoinの価値がますます明らかになると確信しています。 FTの価格下落は大きく、価値が低くなると考える人もいますが、張健氏は、これは初期の見方だとしており、 

第一に、FCoinのマイニング収益倍増計画は、すべてのFT保有者の保有率が低くならないことを保証しています。 
第二に、資産長期保有者の自然補償計画は、通貨価格が基準値を下回る場合、FCoinはユーザーを保護するため補償を行います。それによりFTの大量発行の問題は基本的には解決できたでしょう。 

FCoinの未来は分散型のコミュニティからなる取引所であり、FCoinは最終的にすべてのユーザーのための取引所になります。 3ヶ月という時間は長くはありません。私たち期待して待ってみましょう!


原文リンク:
https://www.jinse.com/bitcoin/223010.html





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。