FTの価格上昇 静かに水面下で進めていた4つの計画

張健:次のブル・マーケットではFCoinを止めることはできないだろう。

2019年相場はベア・マーケットにあるが、FTの価格は静かに上昇している。

Alcoinの統計によると、FTは去年12月16日に$0.01133を大底として反発し、2ヶ月にわたる上昇傾向を見せており、期間は短いが上昇傾向は比較的安定をみせ、独立した動きをみせている。今年の3月1日、FTの価格は$0.03225を突破し、底値の約3倍になっている。

これは、FCoin創始者張健が新年に立てた目標に近づいている。今年の1月、張健はFCoinコミュニティに対し展望を共有し、

”次回のブル・マーケットでは、トークンエコノミーを中心としたブル・マーケットが必ず来る。そして、その時FCoinは誰にも止められないだろう。”

と語った。

張健の発言はFCoinコミュニティ内で多くの称賛を獲得したが、疑う者もいた。前者は、”その他のプロジェクトを追いかけるよりも、FCoinを信じる”後者は、”価値のないものであり、養分になるだけだ”と語った。

賛否両論はあるが、FTは2019年確かに良いスタートを切った。その原因を紐解くとFCoinは、OTC業務の開設、Fractalのテストネットなど近日各項目に力を入れている。

張健:次のブル・マーケットではFCoinを止めることはできないだろう。

新年の開始、張健はFCoinに対する未来の展望を語った。

去年の取引所大戦争とは打って変わって、今回の張健はとても落ち着いていた。彼は現在ベア・マーケット(下落相場)の深いところにあり、トレーダーが少なく、トレードも非常に活発でない、と考えている。

どの様にベア・マーケットを生き抜くのか?張健は1つの単語を出した。

”無駄なことをするのを避ける”
”無駄なことをしないことは、何もしないのではなく、大事な事をする。上昇中のマーケットでは、色々な事、例えば拡大、広告、運営活動などをすることを指す。”

彼は、ブル・マーケットとベア・マーケットは完全に異なるマーケットの状況であり、ブル・マーケットでは、半分の力で倍の効果が得られ、基礎があれば、何もしなくとも大勢がそれを連れて行ってくれる。ベア・マーケットは逆に淡白であり、マーケットは活性化せず、参加する人も減り、この様な状況では物事は倍の事をしても半分の効果しか得られず、平坦に無駄なことを避ける、と語った。

とにかく、張健はFCoinの未来を十分信じている。彼は次のブル・マーケットでは、FCoinを阻むものはなく、その核心はコミュニティ化であり、主に4つの要素からなる。

まず、第1の要素はコミュニティ化の”保有”することである。

”FCoinはコミュニティ化を通して、FTコミュニティの保有を通しており、次のブル・マーケットで爆発する一つの要素になり、これはトークンエコノミーの基礎となります。”

第2に、コミュニティ組織の運営である。

”本当の大規模な運営は、制度化されたルールを持っており、プラットフォーム自身が運営を行う。例えば、FOneを例にすると、当初プラットフォームはリスティングの権利をコミュニティに委ねた。ではどの様に委ねたか?FOneを通して、である。”

第3の原因はパブリックチェーンのエコシステムである。

”Fractalの進行は順調であるが、まだ基礎の段階である。”

第4に、トークンエコノミーへの流れである。

”ベア・マーケットであっても、私達はトークンエコノミーの未来を信じ、その未来への発展を信じている。”

火星財経は、FCoinコミュニティ内の討論で多くのコミュニティユーザーが張健の共有したことを認めたと感じたが、あるコミュニティユーザーはこの様に発言した。

”TRXから学び、ベア・マーケットにあっても少しは広告をするべきであり、TRXはこのベア・マーケットにて少ない資金で大きな効果を出したのではないか?”

実際には、FCoinはそのような活動をしていたが、メディアに露出することはなかった。

FCoinの4つの手法

取引所大戦争の頃のFCoinと比べ、オフィシャルサイトのアナウンス頻度は明らかに減少した。火星財経の統計によると、2019年に入ってからFCoinオフィシャルの”最新アナウンス”は今までに23個にとどまっている。

最近のアナウンス内容を分析すると、FCoinは重点的に4つの物事を推し進めてきたようだ。

1.OTC取引の開設

去年12月29日、FCoinは”FOneはOTC業務を開設し業者を受け入れる”というアナウンスを発表した。アナウンスによると、FOneから発表されたOTC業者受け入れアナウンスにより、プラットフォームは大量の業者の申請を受け、OTCプロダクトはこの様に正式にリリースの段階に入った。業者を受け入れ、プロダクトの訓練、テスト版リリースによりOTC業務は完成し、1月2日、FOne場外取引(OTC)のテスト版は正式にリリースされた。

業界人は、OTC業務は投資家を活性化させ、たくさんの投資機関がOTCを利用して仮想通貨の領域に入ってきているため、現在の市場状況にふさわしいと考えている。FCoinはこのサービスを通じてユーザーエクスペリエンスを増加させ、また一方でユーザーの参加を促す事を望んでいる。

2.Fractalパブリックチェーンのテストネット

去年11月30日、Fractal Coreのテクニカルホワイトペーパーが公開された。ホワイトペーパーには、Fractalは全く新しいBlockchain技術であり、効率の高さ、安全なトークンの発行、流通、配当及び投票を中心とする各コミュニティ・ガバナンスを実現させ、これらの機能は未来のトークンエコノミーの基礎となる、と書かれている。

2月22日、Fractalのテストネットがリリースされた。FCoinのアナウンスには、現在はテストネットの状況であり、今後メインネットリリースが宣言される見込みである。

バイナンスの$BNBの値上がりに対し、FCoinのパブリックチェーンがもしマーケットを予想するのであれば、FTにとってはいいことであろう。

3.メインボードの取引手数料の下調整

1月19日未明、FCoinのメインボード取引手数料の調整は正式に実施され、マーケットで数時間テストされた。このアイデアは、Takerは0.01%の手数料を支払い、Makerは0.01%の手数料を貰える、というものである。

FCoinのアナウンスによると、この法案を実行した後、メインボードの各項目のマーケットデプスは明らかに改善された。

”数字から見ると、この法案にはマーケットデプスを改善し、コミュニティ及びマーケットへの参加者を刺激するものである”

とある。

しかし、コミュニティユーザーからのクレームもあり、テスト期間中確かにMakerの参加があったが、Takerには十分な利益をもたらさなかった。

そこで、FCoinは手数料を0.005%に引き下げ、

”双方のバランスを取り、同時にマーケットでの競争力を保つ”

という方法を取り入れた。

4.FOneの独立

2月22日、FOne独立への投票結果が公表され、FOneはFCoinから独立し、独自ドメインや運営の差別化がされることになった。

FCoinのアナウンスによると、FOne独立の目的はコミュニティ積極性を高め、創造性を刺激し運営者が独自に主体的にコミュニティ化された取引所を運営することになる。

アナウンスでは、近日FOne独立が完了する、とある。独立後は、新しいFOneのサイトは、FCoinのアカウントで登録でき、マーケットデプスなどのを共有し、ユーザーの使用、取引が便利になるという。

一部の投資家は、FOneの独立はコミュニティ投票の結果であり、支持率は96.32%を超え、FOneとFCoinメインボードの立場を明らかにし、運営の発展を望んでいる、と述べた。

しかし、これはFCoinの現在の競争力を削ぐものであり、FOneが独立した後、FCoinは重要なユーザー増加の入り口を閉じることになる。と考えるユーザーもいる。

AlCoinの統計によると、FTは3月1日より順調に価格を戻しており、現在の価格は$0.02906である。

原文:火星財経より翻訳(3/5)https://www.huoxing24.com/newsdetail/20190304195716765441.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。