【レペゼン団地】京都のド外れ「向島ニュータウンの市営住宅」の底知れぬ闇を垣間見る

京都市街地からも大きく外れた、かつては巨椋池という広大な池があった一帯の干拓地に、計画人口6,810戸、22,500人を誇る巨大な新興住宅街が昭和52(1977)年に作り上げられた。「向島ニュータウン」である。

京都市内においてニュータウンと呼べる場所は大まかに言えば二ヶ所ある。西京区の「洛西ニュータウン」(人口約4万人)と、伏見区の最果てに位置するここだ。しかしここ向島に関してはとにかく「ガラが悪い」「DQNが多い」とろくでもない評判ばかりである。それは何故なのか。

この続きをみるには

この続き:3,566文字/画像21枚

【レペゼン団地】京都のド外れ「向島ニュータウンの市営住宅」の底知れぬ闇を垣間見る

逢阪

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

逢阪

京都裏名所探検

ニッポンの古都・京都ならではの分厚い歴史とドス黒い闇の底に隠れたあの街この街発掘します
1つのマガジンに含まれています