【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

クルド人とは国家を持たない世界最大の民族であり、その最大の人口を持つトルコ南東部から政治的な迫害を理由に日本に亡命してきた人々が暮らしているのが埼玉県蕨市周辺である。

そんな蕨が彼らの第二の故郷「ワラビスタン」と呼ばれているという話は当サイトでも過去に何度かお伝えしてきた。そして毎年3月21日、春分の日に合わせてクルド人の新年祭「ネウロズ」(Newroz)が蕨市民公園で盛大に開催され、2014年のネウロズの様子もお伝えした。

そして今年2015年3月、またしても蕨市民公園にやってきた。一応公園のバーベキュー広場で「桜まつり」開催中らしいんですが開花時期にはまだ早いですね…この頃に蕨に住んでいる亡命クルド人達の新年祭も行われる。今年は21日(土曜日)じゃなくて22日(日曜日)の開催となってました。

東京DEEP案内には既に去年のネウロズのレポートがあるのに、また同じレポートを…と思われそうな感じがするので結論から先に言うが、今年のものは去年までのネウロズとは全く雰囲気が違っていたのである。参加者の多さもともかく、マスコミ関係者がやたらと多かったのである。

この続きをみるには

この続き:4,255文字/画像18枚

【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

逢阪

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

逢阪

DEEP案内編集部note

DEEP案内編集部noteのうちテーマの定まらないもの、その他適当にお届けするコラムや時事ネタ等
4つのマガジンに含まれています