見出し画像

一条さゆり - 釜ヶ崎で命を散らした伝説の特出しストリッパー

当記事は2017年7月までDEEP案内系列サイトで公開されていた記事を諸事情によりnoteにて再公開しているものです。ご了承下さい。

日本からストリップ劇場の灯が消えようとしている。温泉街の没落、施設の老朽化、相次ぐ警察の取り締まり、全国各地にあったストリップ劇場は見る見るその数を減らしており、九州や北海道、中国、四国、東海などでは各地方に僅か一軒ずつしか残っていないという状況。これを絶滅危惧種と呼ばずに何と呼ぶのだろう。脈々と続いてきた日本ならではのエロ文化は今まさに迫害の極みに置かれている。

だが昭和の時代にストリップ劇場の歴史を巻き戻すと「特出し」と呼ばれる過激なパフォーマンスで一世を風靡し関西ストリップ界の女王としてその名を轟かせた人気のストリッパーがかつて存在していた。彼女の名は一条さゆり。

この続きをみるには

この続き:2,669文字/画像6枚

一条さゆり - 釜ヶ崎で命を散らした伝説の特出しストリッパー

逢阪

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

逢阪

DEEP案内編集部のnoteです。サイトで書くのを憚られる内容の濃い目のネタを有料配信中。興味ある方のみお読み下さい(内容によっては高額です。購入前にご確認を。後で文句言われても対応できません)。【重要】ここで得た情報の内容は、決してツイッター等のSNSで口外のないよう。

DEEP案内クラシック

DEEP案内シリーズの昔のレポートです。全記事100円均一