日本統治時代の旧緑町遊郭…韓国・釜山忠武洞の置屋街「玩月洞」(ワノルドン)を見物する(追加画像あり)

この記事は「世界DEEP案内」で公開していたものを加筆、写真追加の上、noteにて再公開しているものです。

朝鮮半島は明治43(1910)年の日韓併合から35年間、日本による統治を受けていた。その時代の痕跡は、特に日本にも近い韓国第二の都市・釜山にもそこかしこに残されているのだが、とりわけ特筆すべき点が「日本時代の遊郭がそのまま残った場所がある」というところ。

それが釜山の中心市街地に位置する地下鉄1号線チャガルチ駅から割と近い所にあるというので、一度見に来てやろうと思っていたのだ。日本時代には「緑町遊郭」と呼ばれていた場所…現在は釜山広域市西区忠武洞2・3街にあたる地区である。

この続きをみるには

この続き:3,270文字/画像27枚

日本統治時代の旧緑町遊郭…韓国・釜山忠武洞の置屋街「玩月洞」(ワノルドン)を見物する(追加画像あり)

逢阪

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

逢阪

世界DEEP案内プレミアム

世界各地のアレな場所を訪問してきた「世界DEEP案内」のコンテンツです。noteでしか書けないネタもあれこれ収録。
1つのマガジンに含まれています