リトアニアのストリップ劇場に行った話

日本じゃストリップ劇場の文化というのは風前の灯火になってしまっている。それでもまだ、街中にある浅草ロック座とか渋谷道頓堀劇場とかは細々ながらも活況だが、地方の劇場や、また昔のレジャーの王様であった温泉場のストリップなんかは続々廃墟となるわ潰れるわ、もはや絶滅の危機にある。

日本が高度成長の最中ギラギラしていた時代…それを我が目で見る事が出来たのは、恐らく1970年代以前までの生まれの人々の特権なのではないか。海外旅行が一般化し、レジャーの多様化、はたまたエロに対する規制の厳しくなる昨今、80年代以降に生まれて、偶然この世界に興味を持つ事となった人々は、日本のストリップ文化が終焉しそうな最後の瞬間を今リアルタイムで見ている事になる。

まあ、こんな時代にエロが潰される一方の萎びた老人のチ○ポのような我が国だけ見ててもしゃあないので、海外のストリップ劇場に出掛けてあれこれ見たりもしてきたのだが、この手のエロネタを表のDEEP案内で書くのも難しくなってきたので、こちらで書かせていただく事にしよう。

この続きをみるには

この続き:2,962文字/画像7枚

リトアニアのストリップ劇場に行った話

逢阪

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

逢阪

世界DEEP案内プレミアム

世界各地のアレな場所を訪問してきた「世界DEEP案内」のコンテンツです。noteでしか書けないネタもあれこれ収録。