【ラブホ列伝】”法律により未成年者入室禁止”の注意書きがリアルな沖縄の自動車ホテル「山谷園」に泊まった

全国的に少子高齢化が進む日本だが、その中の数少ない例外が沖縄県である。2014年度の合計特殊出生率が全国平均で1.42となっている中で、沖縄県だけは1.86と全国一位をキープしている。それでも2.0を超えなければ人口減少は避けられないのが現実なんですが、2016年現在沖縄県の人口は依然増加傾向にあるそうです…

ともかく沖縄だけが少子化とはそれほど無縁な社会なのには、沖縄県民の性が早熟なのが理由の一つに考えられるのではないかと思うのだが、当方も2013年頃、沖縄本島に1ヶ月半滞在していた中で地元のドラッグストアにどう見ても20代前半くらいの若いヤンキー夫妻が5人、6人も小さな子供を連れているのを見て繁殖力スゲーな沖縄人!と思った次第なのであります。

国際通りの土産物屋の下品っぷりもさすが沖縄クオリティと言うしかございませんが…イボイボ付のゴーヤー…

人口120万人を超える沖縄本島の各所にも、本土と同じようなラブホ街が至る所にあり、若いカップルが夜な夜な盛っている訳だ。もちろんその中には18歳未満の未成年者もご多分に紛れている事だろう。そういう事を考えていたら、とあるラブホテルの事を思い出した。

この続きをみるには

この続き:2,280文字/画像15枚

【ラブホ列伝】”法律により未成年者入室禁止”の注意書きがリアルな沖縄の自動車ホテル「山谷園」に泊まった

逢阪

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

逢阪

日本全国ラブホ列伝

絶滅寸前の連れ込み旅館から昭和レトロ全開のゴージャスなお宿まで全国のラブホテルを回った記録です。