【決定保存版】DEEP案内取材班が伝授する「実録・ヤバイ団地の見分け方」

こんにちは。団地生まれ団地育ちのDEEP案内編集部、逢阪でございます。ようやく春めいてきた今日此の頃ですが皆様如何お過ごしでしょうか。日も長くなりだしてきたので散歩にもうってつけの季節がやってきましたが花粉症が酷くてしょうがありません。

最近東京DEEP案内のネタが団地寄りに偏ってきてると言われてそうな気がしなくもないですが、今回noteにしたためたのはズバリ「ヤバイ団地の見分け方」というテーマ。

大阪の貧民市営住宅に生まれ育ってきた当方の生々しい経験も踏まえて、日本各地にある公営、公団、昔の炭鉱住宅に至るまで、古今東西様々な団地を巡ってきた当方の経験に基づいて、どこがヤバイ団地でどこがそうでないのか、読者の皆様方にも分かりやすくこの場で長々と解説していこうと思います。今回はとてつもなく長い記事になっているので「決定保存版」と銘打ってます。

団地が多いエリアに住まれている方、もしくは既に団地に住んでいる、これから団地への引っ越しを考えている方の参考の一助になれば幸いですが、あくまで個人の独断と偏見に基づく意見の一つでしかないことをご留意下さい。

この続きをみるには

この続き:11,388文字/画像41枚

【決定保存版】DEEP案内取材班が伝授する「実録・ヤバイ団地の見分け方」

逢阪

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

逢阪

DEEP案内編集部note

DEEP案内編集部noteのうちテーマの定まらないもの、その他適当にお届けするコラムや時事ネタ等
1つのマガジンに含まれています