川崎駅前に魔窟あり!戦後のホルモン焼肉屋が図太く生き残る路地裏ノミ屋街「どぶろく横丁」

「川崎に魔窟がある」…とある読者の方からのタレコミを頂いた。川崎の魔窟って、あのゲームセンター「ウェアハウス川崎店」の電脳九龍城じゃなくって?いや、違うようだ。

都心からも近い事もあり、駅前がすっかり開発されきってしまっている川崎市の玄関口、川崎駅。しかし未だに川崎駅近くに戦後の趣きを残す魔窟のようなオンボロ飲食街があると聞き、どんなものかと訪ねてみた。

やってきたのはJRと京急の川崎駅に挟まれた川崎区駅前本町というエリアである。ヨドバシカメラやらパチンコ屋やら商業ビルで占められて、とてもこんな所にそそられるような街並みがあるとは思えなかったんですが、ところがどっこいという展開がこの先待っている。

この続きをみるには

この続き:2,434文字/画像19枚

川崎駅前に魔窟あり!戦後のホルモン焼肉屋が図太く生き残る路地裏ノミ屋街「どぶろく横丁」

逢阪

160円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

逢阪

在日コリアン見聞録

日本社会におけるアウトサイダーの代表格「在日コリアン」見聞録、彼らが生きてきた街の数々、差別をバネにのし上がった成功者の軌跡、“日帝の蛮行”や強制連行を主張する数多の施設、朝鮮学校レポ、その他いろいろ。
3つのマガジンに含まれています