【多文化共生】埼玉にもあった朝鮮通信使パレード「川越唐人揃い」を見る

着実に進みつつある日本社会の多国籍化…単純労働者を含めた移民受け入れの是非についていよいよ論議されるレベルにもなってきた昨今だが、人口集中が止まらない首都圏において、最も多くの外国人が押し寄せている地域の一つが東京に近い割に地価のお値打ちな「埼玉県」。その中でも蔵造りの町並みが県内有数の観光名所になっている川越市で、毎年11月半ばにちょっと奇妙なイベントが繰り広げられる。

その名も「川越唐人揃い」。“多文化共生・国際交流パレード”と銘打たれているのがこれまた香ばしいんですけれども、江戸時代、徳川幕府の元に朝鮮国王から派遣された「朝鮮通信使」がここ川越を通っており、当時の川越氷川神社の祭礼で朝鮮通信使を真似た仮装行列が行われていたという史実を元に、その祭礼を現代に復活させたというのがイベントの趣旨になっている。一体どんなものなのか。川越くんだりまで見に来ましたよ。

この続きをみるには

この続き:3,373文字/画像26枚

【多文化共生】埼玉にもあった朝鮮通信使パレード「川越唐人揃い」を見る

逢阪

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

逢阪

在日コリアン見聞録

日本社会におけるアウトサイダーの代表格「在日コリアン」見聞録、彼らが生きてきた街の数々、差別をバネにのし上がった成功者の軌跡、“日帝の蛮行”や強制連行を主張する数多の施設、朝鮮学校レポ、その他いろいろ。
3つのマガジンに含まれています