伏見 町子とdeep line trip

広島県福山のから漕ぎ出す「deep line trip」のルートを探して旅をしています ▶︎ www.deeplinetrip.jp / 福山ゲストハウスAREA INN FUSHIMICHO CASTLE SIDE ▶︎ www.areainn.jp/fushimicho

旅のオススメを聞かれたら【内海町の人:中尾 圭】trip from Fukuyama

こんにちは。「港の編集室」の中尾圭です。福山市南部にある田島・横島の2つの島からなる内海町というまちで、夫婦で編集やデザインをしながら暮らしています。内海町は2003年に福山市と合併した、人口2,500人ほどの町で、車で回ると1時間程度の小ぢんまりとした町。主な産業は漁業で、対岸の沼隈町の造船業の影響も根強いです。内海町の魅力はなんと言っても、観光地化されていないところ。場所さえあれば、長期滞在し

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
11

福山最大の祭り「ばら祭」を旅して、福山を知る like a local in Fukuyama

毎年5月、初夏の訪れを告げる福山市民のお祭りとして開かれるのが、「福山ばら祭」。その名前から、園芸ファンやシニア中心かと思いきや、地元内外から子どもから大人まで幅広い世代が訪れる福山最大のイベントだ。いったい、何が人々をそこまで惹きつけるのでしょう。その理由を探しに、お祭りに出かけてみることにした。

「ばらのまち」の始まり

そもそも、福山が“ばらのまち”として歩み始めたのは戦後のこと。1945

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
4

欲求も、日常も、生業も。旅とともに生まれたもの / 台所研究家 中村優 reasons why we travel

3年前バンコクに移住し、ひょんなことからタイ人パートナーたちと酒やワインの輸入をすることになった。タイ人とのビジネスでは、まるでジョークかと思うようなことがたくさん起こる。

オフィスを持つためにドアを付けようとすれば、それだけで2ヶ月もかかる。レストランを開業しようと思えば、お金の持ち逃げに始まり、土地の利権争いから一族間闘争、訴訟問題にまで巻き込まれていく。オープン予定日を前にたくさんのゲスト

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
20

内海町の千佐登さんの「おいなりさん」grandma's life recipes

夫婦漫才のような、アイドルユニットのような「#かずじとちさと」というハッシュタグをつけてインスタグラムにアップされる、じいちゃんとばあちゃんの日常がある。互いに85歳を超えた今でも手を繋いで現れるほど仲良しなかずじさんとちさとさんは、60年近くもの間、一度も大きな喧嘩をしたことがないという。インスタグラムの投稿者であり、ふたりの一番のファンである、孫夫婦の中尾守岐(もりみち)さんと圭さんに誘われ、

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
14

旅してみたい福山ローカルイベント / 2019年4月〜8月 like a local in Fukuyama

瀬戸内への旅の玄関口となる福山には、先人たちがつくり上げた伝統を絶やさぬようにと守り続けられている祭や、ローカルの魅力を知って欲しいと地元の人たちによって企画されたイベントなど、旅に合わせて訪ねてみたいイベントがたくさん。2019年4月から8月のイベントをご紹介。

1. 4/14(日)「おやまのいろどり春市」(山野町)

(写真提供:おやまの実行委員会)

自然に囲まれた山野の魅力を発信するマー

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
14

ゲストハウスを綴る旅 / ゲストハウスガイド 前田有佳利 reasons why we travel

旅とは、いったい何なのだろう。

地元である和歌山に暮らしながら、年間の3分の1を県外で過ごす私の日々に、旅という言葉を当てはめていただくことは多い。でも実は、当の本人は、その正体をつかめずにいる。仕事とプライベートの境界線が曖昧なせいか、どこからが旅でどこからが旅じゃないのか、お尻と太ももの境目みたいに区別が付けられないのだ。

ただ、ひとつだけ確実に言えるのは、私にとって、そこに必ず「ゲストハ

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
11