台湾でラーメン屋を起業、利益は出たか?台湾の色々な事情について

【過去にこのnoteを買っていただいた方へ】
2018年の売上は1月になったら公開しますのでお待ちくださいませ。
→公開しました

また現在2号店の立ち上げに取り組んでいます。
武藤拉麺2号店を作ります、やることが分かるって素晴らしい

2号店ではこれまでの経験・知識・人脈を使って低コストでの開業を目指しています。飲食店は立ち上げ時のコストが高く、その後の採算を左右する重要な要素です。(身にしみました)

ということで何もわからない状態で開業した1号店ではなく、経験を積んだ上での2号店開業ストーリーを別のnoteを書きます。

コスト面や注意したことなど、より洗練した内容にできるかと思います。
それにあたって過去にnoteを買っていただいた方から「こういう内容を書いて欲しい!」など個別のリクエストを受け付けたいと思います。

この有料公開の冒頭部分にぼくの連絡先を書いておきますので、そこからご連絡いただければと思います。

よろしくお願いします。

【このnoteは有料記事です。】

台湾・台北で「武藤拉麺」というラーメン屋を経営しているデグです。

2014年、ラーメン屋で働いたことがないのに海外で初出店というむちゃな挑戦をしました。
早々に潰れると言われた中、5年目を迎えました。

ラーメン屋での奮闘記をブログを書いていることもあり、色々な方から質問を頂きます。

・味は大丈夫なの?
・どれぐらいの売上で利益出たの?
・言葉の壁は問題なかったの?
・ビザはどうしたの?
・物件はどうやってみつけたの?

上記は代表的な質問です。

しかし、売上の金額や利益についてこれまで一切言及しておりません。

外部に出したい情報でありません。
ですので有料記事として一定のハードルを課し、公開することにしました。

・どれぐらいの投資をして、リターンがあったか?
・家賃はいくらするのか?
・客単価や回転率
・その他、質問頂いた内容など

などなど色々な情報を書いています。
台湾で飲食店をやろうと思っている人には必見です。

売上データも惜しみなくさらしていますので、ド素人が海外で飲食店を開業するモデルケースとして最適だと自負しています。

また海外出店で台湾に出向を任せられた人などにも参考になるよう意識して書いています。

【目次】
・店を開業するのに投資した費用
・オープン以来の売上推移
・最低利益率と最高利益率について
・参考情報   店舗の家賃、坪数
   店内の席数
   営業時間、定休日について
   設備トラブルについて
   従業員人数
   就労ビザについて
   Facebookページのいいね!の推移について
・台湾での飲食店起業はアリかナシか?
・台湾への投資か自分自身の移住か?

上記の内容をこのnoteには盛り込んでおります。
またnote発売以降も売上情報を追記したりアップデートをしています。

noteの値引きなどもしませんので、購入していただいた方には損はありません。
ぜひ、飲食ド素人が台湾起業に挑戦した結果を読んでみてください。

【追記履歴】
質問頂いた下記の内容を追記しました。

Q.人件費の詳細について(2016.5.23)
Q.店舗の探し方、居抜き物件の費用の調査方法について
Q.台湾人スタッフのリクルート方法について(2016.7.7)

【更新履歴】
※2018年2月
2016年、2017年の年間売上・利益を追加しました。

では、下記より本編となります。

この続きをみるには

この続き:9,164文字/画像14枚

台湾でラーメン屋を起業、利益は出たか?台湾の色々な事情について

でぐ@台湾

900円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

でぐ@台湾

お気に入りノート

読んで良かったノートをまとめます。
1つのマガジンに含まれています

コメント7件

お役に立てて何よりです、ありがとうございます!
『Facebookページで商圏分析、人口数をイメージする』で紹介されている方法がどのようにすれば出来るのか?分かりません。教えてくださいませ。^_^
かしこまりました!追記いたしますので少々お時間ください(^O^)
資本金50万元での採用枠1人についてですが、これは株主=Aさん、枠で採用=Bさん、みたいに、株主と就労ビザを出す人とが異なってても良いのでしょうか?あるいは就労ビザは株主にしか出せない仕組みでしょうか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。