バレットのリスト入りについて

先日、以下のようなツイートをしました。

でこれを受けてaskでこのような質問をいただきました。

う、うれし~~!こういう質問めちゃくちゃ嬉しいです。作品を読んでくれた上にツイートまで見てしかも色々考えてくださってる!ありがとうございます!
で、回答しようと思ったら思いのほか長文になりそうだったのでこっちで回答したいと思います。設定メモ的な意味も含み。

1.リスト入りしやすい悪党の傾向

まず政府が「悪党」として登録する犯罪者には主に三つのポイントがあります。

A:超人的な能力を有する(非凡度)
B:継続的で一貫した犯罪行為(執着度)
C:被害の甚大さ(危険度)

例えば通り魔がいたとして、手あたり次第夜な夜な通行人を殺すだけでは悪党認定されず、犯人捜しは警察のお仕事となります。ただこれが「絶対に顔の皮を剥ぐ」とか「絶対に赤髪の女しか殺さない」とかになってくるとBのポイントが考慮され始めます。さらに「追跡能力の高いヒーローでも見つけられなかった」となるとAのポイントも満たすので、ハイペースな殺人であればABC三つが揃って初めてリスト入りする、かも?という具合なのです。
かも?というのは政府にもいろいろ事情があるので、お偉いさんの一言で「いや大したことないやろ」と言われてしまえばリスト入りしない場合もあります。
なのでヒーローは絶対にリスト入りさせてほしい悪党が居るときはその街の自治体と協力して一生懸命危険性を訴えた書類を作って万全の準備で政府に報告します。

2.おもちゃ屋でのバレットとフルムーン

前提として、おもちゃ屋ではバレットは名乗るどころか前線に立つ予定ですらありませんでした。
ヒーローと悪党の戦いというの間近で見る・生き残るが一番の目標で、オマケとして殺した警備員に名刺を刺しておこうねくらいでした。名刺を刺しておけば警察は一応押収するので、その後小さい殺人でも起こしてまた名刺を刺しておけば徐々に「まさか新しい悪党か?」と認知されていくだろうという認識でした。つまり一気にリスト入りなんて本人もパドルたちも考えてなかったのです。だから裏で電源をポチポチしてるだけだったんですよね。

一方、フルムーンは通り魔事件の助っ人として警察の捜査に協力していたのですが、通り魔が息を潜めたので(※バレットは準備に忙しかったのでおもちゃ屋襲撃前後には通り魔をしていない)少しヒマになってました。で、ネイルに声をかけられて、おもちゃ屋に行って、職員通路を歩いてたらバレットに出くわすわけです。そこがミソで、フルムーンだから職員通路を歩いて怪我をした警備員がいないか探してたんですよね。警備員がいたのは知ってるので、悪党の侵入=警備員は襲撃されたと考えたわけです。
ただ、1ページ目でネイルが言ってるようにこの世界のヒーローという職業は「悪を滅ぼす(=悪党を倒す)」ことが仕事なので人命救助なんてのはしてもしなくてもいいことなんですよ。別の回で描くかもしれませんが「悪党を倒す」以外のことをすると他の職業の仕事を奪ってしまうのでやらないほうがいいと考えるヒーローも少なくありません。
でもフルムーンは甘いというかマジメというか、ヒーローの中でもかなり人情家なのですぐそういうことをしてしまう。で、偶然バレットに会ってしまったのです。

そういうわけで、もしフルムーン以外のヒーローなら、最初は売り場にいて電気をいじられて初めて通路に向かったことでしょう。通路に向かおうとするときにはトムとパドルが邪魔をするのでかなり手こずります。その間にバレットはさっさと逃げる寸法でした(ドックを使わずに)。その場合残るのは警備員の死体と名刺だけなので、「どうやらもう一人悪党がいたらしい」くらいのことしかわかりません。まあどうせパシリの新人だろうと報告はいかなかったと思います。

だけど現実はマジメなフルムーンのおかげでバレットは仕事真っ最中のタイミングで見つかってしまいます。バレットは生粋のショー・マンなのであんな展開になったらただ逃げるだけなんてのはあり得ない。逃げるとしても魅力的に逃げなければならない。結果バレットはフルムーンに特攻し、名乗りまであげてからトンズラをかましました。

という感じなのでもしフルムーンじゃなかったらおもちゃ屋ではほとんど何も起きなかったわけです。フォスター殺害は青色マリーの仕業として収束し、道化顔の連続殺人鬼もいつのまにかいなくなり、しばらくしたあとで名刺が刺さった死体や死んだはずの男が歩いてるウワサなどが出てきてようやく一夜限りのバレットの存在が明らかになる予定でした。そしたら過去の事件あれもこれもみんなコイツの仕業だった!すげぇ!と世間が沸く。いかにもバレットの好きそうな筋書きです。だめだったけど。

もう一つ言うと、フルムーンがバレットと会って戦い、最終的にドックの手によって逃げられるという展開も政府にとっては重要視するポイントでした。港のジェイクはサハンにおいてかなり強い能力を持つ悪党なので、港のジェイクとつながりがあるとわかった以上、どんなルーキーであっても侮れないと判断されました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ヴォンボに投げ銭して運気を上げよう!

2

ヴォンボ

悪もそぞろ設定

サイトで公開中のマンガ『悪もそぞろ』(http://unknowndevil.web.fc2.com/sosaku/akumosozoro/akumosozoro.html)のキャラの設定とか裏話とか
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。