四半世紀滅ばずに出会えた

およそマメとは言えない性分だけど、毎年誕生日には何かしらの文章を残しているので、遅まきながら今年も気持ちばかりの祝文をしたためておこう。

2018年のあなたは3月から始まったツアーに24時間テレビにドロ刑に、そして12月に公開されたニセコイにと、1秒たりともファンに目を離す隙も息つく暇も与えず、文字通り暦を駆け抜けていきました。あなたの新しいお仕事が発表されるたびにせわしく賑わう朝のタイムラインは、沈鬱な通勤電車を少しだけ祝福された場所に変えてくれて、機械的に揺れる車両は高鳴る心音と、背中越しに感じる他人の体温は火照る頰の温度と重なり、単調な毎日に泥む見慣れた風景をフィルターをかけたように鮮やかに塗り替えてくれました。
毎日のWebの更新もそうです。スマホでSafariを開き、無数のブラウザの波を掻き分けた一番先頭、そこが一年以上ずっとあなたの定位置です。私はあなたのことを、毎日を少しだけ特別にする魔法を掛ける天才だと思っているけれど、その魔法は(そして世の中で魔法と呼ばれるあらゆる全ての仕掛けは)、泥臭い根性と忍耐と、そして見返りを求めない愛情から成るものだということをあなたは教えてくれました。

24歳のあなたはよく焦りを口にこぼしていたように思います。つらかったこと・苦しかったことはなんだって事後報告だったあなたの現在進行形の胸の内を聞くことはなんだかとても新鮮で、告解室で神父からそっと耳打ちで秘密を共有されるような、何か背徳めいた心地すら覚えました。「今はそういう年頃だよ」と経験者の立場から達観してみたり、「応援してるからね」と無垢な声援を送れるほどもう何も知らない年頃ではない、あなたと同じ速度で同じだけ年を重ねてきた私は、ひっそりとその焦燥に共鳴し、日々を越える糧にしてきました。"アイドルサイボーグ"と称賛され、時に揶揄されるあなたのそのツルツルのジュラルミン製の皮膚の一枚下に流れる36℃の血液をそっと察知するたびに、何度だって愛が溢れてこみ上げました。

君が好きでした。
そして、君が好きです。

中島健人くん、25歳のお誕生日おめでとうございます。
(2019.3.13)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

ju

アイドルのこと

Sexy ZoneとかSexy Zoneじゃないアイドルのこととか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。