見出し画像

でんこラボ アンケート結果と2期メンバー募集のお知らせ

でんです。でんこラボを始めてから半年が経過したので、現状メンバーがどのように感じているのか、入会した当初の目標などクリアできているのか、これからどうしていきたいのかなど聞いてみました。

でんこラボとは

でんこラボはPRやコミュニケーションを学ぶことで自分の軸を見つけ、自身の成長を促す為に活用できる、心理的安全性の担保された「あんしんできるPRコミュニケーションコミュニティ」です。Slackを使ったオンラインコミュニケーションと月一の定例会や自主開催の勉強会やイベントなどを通じてそれぞれの課題解決を行なっていきます。詳しくはこちらをお読みください。
https://camp-fire.jp/projects/view/86025

でんこラボの活動内容

<オンライン>
・Slack / Facebook非公開グループでの交流(仕事や家庭、キャリアの相談・コミュニケーションや広報に関する情報交換・日記・雑談、等)
<オフライン>
・定例会 毎月1回開催
・メンバー主導のイベント・勉強会開催 月に3回程度

現在のラボメンバー数は28名。半年間で退会した人数は2名。アンケートの回答数は23名だったので回答率は82%でした。

メンバーの属性ですが、男女比 1:3なので75%が女性です。20-30代がほとんどで男性は40代以上の方もいます。職業はITベンチャー系を中心に広報職が6割程度、その他はITベンチャー経営者、ライター、ウェブメディア編集者、動画メディア編集者、小説家、税理士、カフェオーナー、広告代理店営業など様々です。

これまで参加したラボの定例会やイベントの満足度を聞いてみたところ、

満足 17.4% やや満足 26.1% とても満足 56.5%

ということで、みんな満足しているということがわかりました。具体的にどういったポイントが満足度高いのか聞いてみました。長いのですが一人一人のコメントをそのまま載せます。

とても満足 と回答した人の理由

全く未知の体験ができて面白い。とりあえず僕の話も、多少は誰かの役に立っていそう。
定例会は最初の頃しか参加できていませんが、その他のイベントは自分で行きたいと思う課題感を持って参加しているため。リアルでラボメンバーと会えるのはslackを通して自分の発信をしてコメントし合っていることも毎回イベントが楽しみ&満足になる要因かもしれません!とにかくみんな協力的でその姿勢が勉強になります。
心理的安全性の保たれたコミュニティーだから。コミュニティー参加時に期待していた新たな人との繋がりや学び、情報が得られているから。
普段の業務では改めてできない話を考えたり、思う存分語らい分かち合うことができたため。
日々のスラックで、他では言いにくいことをみんなオープンに話してくれる雰囲気のおかげで、自分も話しやすく、今までになかった心理的安全性が保たれているコミュニティだから。
みんなが真剣であるから。些細なことが誰かにとってギブになっているから。
メンバーと会うのが楽しい、自分を振り返るきっかけになり成長実感がある
参加したメンバーと率直に話しあえたことで満足感増したと思っています。また、なんとなく知っていたことでも皆でケーススタディを重ねたことで学びを深められた。
ずっとオンライン上の人だった”でんさん”に会えたこと、同じくオンライン上の方々だったメンバーの皆様に会えたことが嬉しかったこと、そこで話す内容が全て学びで、心から楽しかったからです!
毎回内容が濃く、そして毎回「今日も参加して良かった」と思えるからです。また内容だけでなく、メンバーの相手想う気持ちが心地よく感じるのも、満足度に大きく関わっていると思います。
"定例会やイベントで毎回気づきがあり、参加する度に気持ちが前向きになるから。悶々としていたことがクリアになったり、次の目標が見えたりします。
イベントが、でんさんだけでなくラボメンバーが主催したりすることで、ユーザー目線(あんまり区切りたくないですがわかりやすい言葉で)となっているので楽しい、ワクワクする、勉強になるものが多いからかなあ、と。"
定例会では自分自身を知り、他のみんなのことも知るという「自己理解」「他者理解」部分にフォーカスしていて、自分が課題に感じていることを浮き彫りにできる良い機会になっていて、コミュニティの「心理的安全性」を保つ役割を果たしていると感じているため。また、イベントではもう少し実務や興味にフォーカスしていて、定例会とイベントの棲み分けがあり充実していると思います。
田さんと話す時間をいただくことを目的に入部しました。そのおかげで、田さんの知人をご紹介いただく機会に恵まれました。紹介いただいた方と一緒にお仕事ができそうな展開にもなってきているので、非常に価値を感じています。

やや満足と回答した人の理由

内容によって自分自身が興味がある・ないがあるので、ケースバイケースです。今は立ち上げ期なので、どちらかというと内容よりもメンバーとの交流を楽しんでいます。
人柄の良い方ばかりで、とても居心地の良い空間だから。普段使わない脳みそを使ったり、新しい知識や価値観に触れることができたり、自分の居場所が増えた印象を受けています。
いつも内容の濃い学びがあり、みんなモチベーションが高く、安心して話せる。ただ、自分がこういった集まりでの発言や参加の仕方に慣れておらず、まだ緊張感が取れていない部分があるので、やや満足にしました。
直近は参加していないので、数カ月前のイメージで回答
とても満足だった時もそうでもなかった時もあるので。

満足と回答した人の理由

2回しか参加してませんが(どちらも定例会ではない)、そのときは学びもコミュニティ要素もあり参加してよかったです。
広報文脈での個人個人の思考や試行錯誤が垣間見えて、楽しい。
参加したイベントから得られたものが多い。自分の0点→30-60点くらいにできる印象がある
テーマや共有していただいた事例、みなさんとお話しできたことは大変満足しています。自分自身がgiveできていないこと、積極的に参加しきれていない点で減点しています。

実際にラボのいいところの定量アンケートでは82%の人が以下のように回答しました。
・雰囲気がいい・友達、仲間が増える
・仕事に関することを話せる・相談できる

ラボに入って自分自身に変化があったか?の問いには91%の人があったと回答しました。具体的な意見は以下の通りです。

仕事に広がりがでたこと
たぶん、あったと思う。まだはっきりとはわからないけれど。
SNSの発信内容の実験をでんこラボでしています。結果、発信頻度を増やしたり、投稿ハードルを以前よりも下げられたり。入会前のSNS投稿復帰訓練になりました。また、広報さんてどんな人だ?というのが深いコミュニケーションを通じてわかってきました。これ聞いてもいいのかな?ということについても聞ける場所。感謝です!
率直なフィードバックを受けることに対する心理的抵抗が低くなった。
今までのコミュニティとは別の体験をしていること。それ自体が自分自身の変化であり刺激になっています。今までマーケターの集まりとか、仕事でつながった人から派生した何らかのグループとか仕事や学校、家庭以外のコミュニティで人と仲良くなった経験はあるのですが、仕事や家の事情でなかなか参加できなくなると自然に疎遠になって・・・ということが多かったのですが、それは何か目的が一緒の人が集まっているわけではなかったからだと思っています。ラボの場合、単に仲良くなりたいというよりは互いの目標を一緒に達成するプラットフォームのような感じなので、そういうコミュニティの作り方もあるんだな!そうするとうまくいくのだな!と勉強になっています。
■自分の苦手なことを知れた(言いにくいことを言えない、やや萎縮傾向、はじめてのことに億劫)
■それを克服するチャンスをラボを通じて度々貰っていて、変化を感じる機会が多い
自己開示への躊躇が減ってきたように思う。
ピンポイントですが、ずっと普通に仕事をしていて突然気持ちが閉じて会社を休む自分に嫌気がさしつつ、なかなか人にこのことを相談できなかったんですが、ラボのメンバーでも同様のことが起こってる方がいることを知り、安心しました。
自分に向き合う時間が増えた。プライベートな時間や自己啓発の時間の満足度が増した。
前向きになった、コミュニケーションの仕方を変えてみた、自分の得意不得意についての考え方が変わった。
まだ全然できていませんが、グダグダ言わずにやってみよう!とnoteをはじめられた。キャリアに関する相談ができる相手がいなかった(会社の人には言いづらい、プライベートな友人は働くスタンスがみんな違うから言いづらい)けど、言える人がとても増えたこと。
まず、そもそも広報ってどんな職業かよくわかっていなかったので、どういう活動を各々しているのかが垣間見れた。ワークでも、いろんな意見があるのを聞けて考え方の幅も広がったし、人との関わり方というところで学べている
自分のコミュニケーションの課題感を客観視できるきっかけはあった。それを機にコーチングを受けてみたり、そこからブログを書いたり、コーチングの良さを会社の仕組みに繋げたり、色々変化はあったなぁと。
今の仕事への諦め感が強かったが、変えよう・変えたいと発信する勇気とモチベーションを貰えた。また、自分のために何をするか?と前向きに考えられる場面が増えた。
個人事業主になりました!
自分のことをもっと大事にしようと思えるようになりました。
上記の回答とかぶりますが、仕事以外の自分のこと(プライベートも含む)を考える時間をあまり作ってこなかったので、その時間が増え、いまの仕事やプライベートについて考えることが増えた。行動にしようと思えている。
誰もが持つ課題を、批判や人格否定でなく、上手に伝えられる人(でんさんや鈴木さん)をみてて勉強になる。
仕事でもプライベートでもないところで、仕事やプライベートの生き方を省みることができる逃げ道(抜け道?)のような心理的に「楽」なコミュニティになっていて、発信や自己開示に前向きになれた気持ちでいます。当初、余裕がなくなって参加や発信が減ったときに、なんとなく気まずいとか、しなければ、という変なプレッシャーを自分だけで感じた時もあったのですが、そういうことじゃない、ということをでんさんはじめ、みんなが表現してくれていて、「楽」さが生まれました。やりたいことをやる、したいときにする、giveするということを自然にできるようになる境地の入り口が見えた気がしています。(もっとそうなっていきたい)
目をそらしていた課題に向き合い・・・始めています

今現在、ラボに何を求めていますか?あなたが達成したいことを含めて教えてください。

上にも書きましたが、それぞれが抱えている具体的な案件を、互いに共有のプロジェクトとして実際にみんなでやってみる、みたいなことができると面白そう。
アンケートしていて気づいたのですが、ラボに入った目的を達成してしまった!
コミュニケーション系の仕事をしている人たちとフラットに課題を共有しあったり、悩みを話したりできる場がほしいということはすでに7-8割がた達成できている感じ。あとは、私はメディアリレーションを主とした広報職ではなくて、広報職としてメディアを運営している者なので、「メディア」「編集」「オウンドメディア」などに関する情報にもっと触れていきたいなという希望があります。記者や編集者などの職種の人が増えたらもっと面白そうだし、そういう場にできないかなと妄想したりしています。
■今までどおり、発信したことへ誰かしらがリアクションしてくれる、温かいコミュニティーであり続けたい。
■仕事の相談も、くだらない話も、タブーな話も許されるコミュニティーでありたい。
■仕事の忙しさやペースなどによって、コミュニティーへの関与や頻度、反応速度が変動するかもしれないが、温かく見守ってほしい。
■苦手なことへの挑戦や変化しようとしている人へ、応援し合えるコミュニティーでありたい。
最初はいつも繋がらないような人もいそうだし、新しいコミュニティを探したいなーという気持ちで入ったので、そこは満たされつつあります。が、達成したいことまでは考えてなかったので、考えてみます〜!
もっと広報の勉強したいなーとか。
何かと相談できる場所 発言することで自分の考えもまとめられる
1人だとついサボったりやる気がなくなってしまうので、モチベーションをあげるための刺激やきっかけを求めています。達成したいことは、無理せず適度なモチベーションで仕事やプライベートに前向きに取り組むことです。
広報としての価値観や知識、事例の赤裸々な学び。自分を変革すること。
まだ自社サービスでの本格的な広報活動は始まっていないので、今後プレスリリースやメディアにアプローチして行く時の相談をさせて頂きたいです。
あとは多数人での中での発言が、周りに気を使ってしまったり、様子を伺いすぎてどうも苦手で緊張してしまうので、少しずつそういった場での言葉を発することに慣れて行きたいです。
あとはチャレンジできることは自分のペースでもどんどんやっていけたらなと思っています。
自分の「Spark joy!(コンマリ的に言うと…)」に素直になること、これからも関わっていくための素地を作ることが今の目標。そして、もしかしたら足掛かりになりそうな繋がりが出来るかもしれない…と思っているところです。モチベーション、自分軸、それを一緒に考えられる話せる人たちとの繋がりになるのかな…
今年こそGIVEと思っていますので、できることをやりたいと思っています。一つはイベントを企画して、実施します。
みんなのことを知り始めて良い雰囲気だとは思うけど、もっともっとみんなことを知っても良いのかと思っています。前にもスラックででていましたが、合宿したいですね。ラボの形を1つの円にしていきたい。
少しの時間でも田さんと壁打ちができることです
・コミュニケーションアップしたい(聞くのも、伝えるのも)
 ⇒コミュ講座で敦子さんと一緒にイベント盛り上げていく!
・多種多様な人が意見を発したりやニュースをシェアする場
 ⇒そこにいるだけで多角的な物事の見方ができる
・インプットアウトプット上手になりたい
・(キャリアについて、自分軸についてもっと棚卸しするため)フレームワークやノウハウを知りたい
 ⇒キャリア講座とてもよかったです!
・オフイベント(ティファニー朝食会のようなもの)も楽しみたい
・仕事の悩みを相談したい
・広報キャリアが比較的ない方がラボメンバーに多いので、ベテラン広報さんの話も聞きたい(私がベテランのうちに入っていて…それはそれでいいのですが!)
・プライベートのことも気軽に相談したい
 ⇒してます!ありがとうございます!
上記ですが、自分が参加できていない&色々状況を押しのけて調整までできていない
自分がすべきことをきちんとできている状態でないと、外の世界に出ていけないので、いまラボに求めることは特になく、しいて言うなら影が薄いのを許してほしい笑。まずは自分の生活と仕事を全うすること。
成功事例・失敗事例・ぶつかっている壁などを業界問わずとにかくたくさん聞きたいです。
今のところ、giveをいただいてばかりですみません。まずは自分が胸を張って語れる役割を見つけたいと思います。できるだけ早く、自分を知る。また、先日の定例会で最後女子会になっていましたが、あんな感じで、人生相談というか話ができることがありがたいなあと思いました。

みんなそれぞれが支え合える場になっていることがとてもうれしいですし、これからもさらにみんなの夢を叶える場にしたいと思っています!!!
3月から2期メンバーを追加で募集します。一緒に楽しく自分を見つけていきましょう!
今月予定されているイベントは…

6日 ローストホースで馬肉食べようの会
13日 ほめ言葉講座(有料企画)
16日 骨格診断&パーソナルカラー診断グループ体験会(プロの診断 無料)
中旬 コミュニケーション講座(プロのコーチと行います 無料)
27日 定例会 今やりたいことについて話そう ゲスト:リーマントラベラー東松さん

4月には メタ認知講座 も計画中。プロのコーチと行うコミュニケーション講座も3月中旬くらいにあるし、もりっもりです。みんな興味ある企画の時に参加したり、slackのみの参加のメンバーもいます。メンバーは新しい人が入ってくるのをとても楽しみに待っていますヨ。

アットホームなコミュニティなのでぜひどうぞ〜!

興味ある方はコチラから。2期メンバーは限定14名です。よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

dencolab

でんこラボはPRやコミュニケーションを学ぶことで自分の軸を見つけ、自身の成長を促す為に活用できる、心理的安全性の担保された「あんしんできるPRコミュニケーションコミュニティ」です。でんこラボの主宰者→https://twitter.com/denmichiko
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。