大芸術家の恋愛遍歴! ピカソと七人の女性たち

二十世紀を代表する、大芸術家として知られるパブロ・ピカソ(一八八一-一九七三)。スペインに生まれ、生涯のほとんどをフランスで過ごしたピカソは、その生涯に七人の妻・恋人・愛人を持った(もちろんワンナイトラブはカウント外)。

最初の恋人は人妻
青年時代のピカソは、親友が失恋で自殺したことの衝撃から、「青の時代」と呼ばれる陰鬱な作品群を制作し、貧窮にあえいでいた。その時期に出会ったのがフェルナンド・オリビエ。夫のDVから彼女を救ったピカソは、彼女に天啓を受け、「バラ色の時代」と呼ばれる明るい作風に目覚める。しかしピカソは彼女の部屋に鍵を掛け、旅行先にストーキングするほど、彼女を束縛した。やがて「キュビズム」の第一人者となったピカソは売れっ子の画家になるが、成功したピカソは彼女をあっさり捨てた。

短命の恋人
次に出会ったエヴァ・グエルは、ピカソと深く愛し合う。ピカソは作品に「 Ma jolie (私の可愛い人)」と書き込むほど彼女を愛していたが、結核のため若くして亡くなった。

この続きをみるには

この続き:1,120文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史上のセックスにまつわるエピソードを紹介する連載「レキシは夜つくられる」のお得な全話セットです。以前女性向けアダルトサイト(現在は閉...

または、記事単体で購入する

大芸術家の恋愛遍歴! ピカソと七人の女性たち

DENNY喜多川

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

DENNY喜多川

ポリアモリストのアダルト歴史作家。別名義で著書四十冊以上。発達障害(ADHDおよび自閉症スペクトラム)アリ。

レキシは夜つくられる(有料)

歴史上のセックスにまつわるエピソードを紹介する連載「レキシは夜つくられる」のお得な全話セットです。以前女性向けアダルトサイト(現在は閉鎖)で連載したものの再録ですが、新作も予定しています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。