江戸を生きた男装っ娘・竹次郎こと『たけ』

この連載では、江戸時代のことを基本的に
「民衆にとっては、性の解放された住みやすい時代」
として描写してきた。もちろんウソを書いてきたわけではないが、そんな概念でひとくくりにするには、江戸時代は長いし日本は広い。
ということで今回は、江戸時代に生きた、あるLGBT(?)の生きづらさについて語ってみたい。


『藤岡屋日記』と呼ばれる文献がある。幕末に、古書店主兼情報屋として生きた、藤岡屋由蔵の日記をまとめたものである。由蔵は古書店を営む傍ら、江戸市中の事件や、噂・落書などを丹念に収集し、それらの情報を諸藩の記録方や留守居役に有償で提供していた。
『藤岡屋日記』には、竹次郎こと『たけ』の事が以下のように書かれている。
「そば屋の忠蔵の元で働いていた竹次郎という小者が、突然腹痛を訴えたので、店の二階で介抱していたら、突然、男子を出産した。竹次郎は男装し、銭湯も男湯に入っていたので、まさか女とは思っていなかった。噂がお奉行さまの耳に入る前に、忠蔵は一応届け出を出した」
彼女の性自認や性愛対象は記録に残っていないので、たけがFtM(肉体は女性だが、性自認が男性である人のこと)であったと言い切るにはためらわれる。しかし男装して男名前で暮らし、銭湯も男湯に入るほど徹底して男性として行動していたのは確かである。
たけが男装していたことは「お奉行さまに届け出た方がいい」こととして考えられていたのは確かだが、そのことが罪に問われた様子はない。
しかしその後、忠蔵は
「身元の確かでない者を雇い、しかも逃げられた(後述)」
ことで、罰金刑に処せられている。

この続きをみるには

この続き:1,264文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史上のセックスにまつわるエピソードを紹介する連載「レキシは夜つくられる」のお得な全話セットです。以前女性向けアダルトサイト(現在は閉...

または、記事単体で購入する

江戸を生きた男装っ娘・竹次郎こと『たけ』

DENNY喜多川

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

DENNY喜多川

ポリアモリストのアダルト歴史作家。別名義で著書四十冊以上。発達障害(ADHDおよび自閉症スペクトラム)アリ。

レキシは夜つくられる

歴史上のセックスにまつわるエピソードの数々をご紹介。一部無料。 以前女性向けアダルトサイト(現在は閉鎖)で連載したものの再録ですが、新作も予定しています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。