紫式部も被害者! セクシャル・ハラスメントだらけの『源氏物語』

今回は暗い話になるが、ご了承いただきたい。
ハリウッドではじまった、「me too」運動をきっかけに、
「セクハラに対し沈黙しない」
運動が巻き起こり、日本でも官僚や芸能人によるセクハラが次々と告発されている。特にテレビ朝日の女性記者が、財務省の事務次官にセクハラを受けた事件では、「官僚」「マスコミ」「政権与党」「野党」の全てに、人権感覚がないことが明らかになるという絶望っぷりである。
そもそも「セクハラ」自体が極めて近代的な概念であり、たとえば江戸時代の日本では、「道を行く女性のお尻をつねる」ことがナンパだったりした。
過去の出来事を、現代の倫理観で裁くことは、決して妥当とは思われない。とは言え、『源氏物語』に描かれた出来事の数々は、あまりに女性の人権を侵害している。彼女たちに代わって、誰かが告発してもいいのではないかと思う。


光源氏と紫の上
主人公である光源氏自身が、何度となくセクハラやレイプに及んでいる。その中でも一番ひどいケースが、紫の上に対する行為であろう。
光源氏は、まだ幼い紫の上を引き取った。不幸な身の上の彼女を救い出した、という側面があったのは事実だが、実際のところは
「初恋の人である藤壷の姪で、面影がよく似ていたから」
しかも、祖母の死により父親に引き取られるはずだった彼女を、略取誘拐したのである。
紫の上は源氏を慕っていたが、それは「父親のような存在として」であったし、光源氏がそれを理解していなかったとも思えない。にも関わらず、紫の上がある程度成長すると、源氏は紫の上をレイプするのである。
あまりの衝撃に引き籠もってしまった紫の上に対し源氏は、
「そんな風に引き籠もっていたら、人が変に思うではないですか」
継子や実の娘をレイプし、翌日何事もなかったかのように家族の前で振る舞うよう強要する虐待親と、光源氏の何が違うのであろうか。
その後の紫の上は、正妻・葵の上を失った光源氏に、正妻同様の扱いを受け、子の養育も任される。しかし源氏は女三宮との縁談を断らず、紫の上は「自分が妾に過ぎない」ことを思い知らされるのである。
晩年の紫の上はひたすら出家を願うが、源氏はこれを許さず、紫の上は悲嘆の中に亡くなる。この時はじめて源氏は、自分がどれほど彼女に依存していたかに気がつくのである。
……これ、「セクハラ」でなく、「虐待」ですよね?

この続きをみるには

この続き:767文字

紫式部も被害者! セクシャル・ハラスメントだらけの『源氏物語』

DENNY喜多川

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

DENNY喜多川

ポリアモリストのアダルト歴史作家。別名義で著書四十冊以上。発達障害(ADHDおよび自閉症スペクトラム)アリ。

レキシは夜つくられる

歴史上のセックスにまつわるエピソードの数々をご紹介。一部無料。 以前女性向けアダルトサイト(現在は閉鎖)で連載したものの再録ですが、新作も予定しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。