【岩手県・遠野を訪ねる】『マヨイガの郷』に行ってごらんなさい!

※この記事は投げ銭方式です。購入せずとも最後まで読むことができます。

遠野にいったら『マヨイガの郷』にいってごらんなさい!
遠野の駅をでたら真っすぐ中央の通りをくだっていきます。すると左手に『マヨイガの郷』という、小さなお店があります。
そこは遠野のおばあちゃん、お母さんたちが手作りで、アクセサリーや置物やエプロンなどを売っているお店です。一つ一つが可愛らしくとても楽しいお店です。

マヨイガとは遠野の伝説で、山の中に突然現れる無人の豪華なお屋敷のことです。ある日女が蕗を取りに山の中へ入って行きました。そうすると突然みたこともない立派な門のお屋敷が現れます。女はおそるおそる中へ入ってみますが誰もいません。

 誰もいないのに朱と黒塗りの御膳の上にお椀が用意されており、奥の座敷の火鉢には鉄びんの湯がチンチンと煮えています。あたかもお客様をまっていたかのようにです。

 しかし女は急におそろしくなりそこから逃げ帰ってしまいます。するとある日の女が川で洗濯をしていると川上から見事なお椀が流れてきます。そのお椀を拾い上げ、家に帰り、米びつのなかに入れておきました。すると米びつのなかの米や麦がちっとも減らなくなりました。この家はそれからどんどん大金持ちになったということです。もちろんこの女が正直者であったからですよ!
 
 遠野のお婆ちゃんやおばさんたちの小さなお店『マヨイガ』へ、もし遠野にいったら訪ねてみてください。


この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【岩手県・遠野を訪ねる】『マヨイガの郷』に行ってごらんなさい!

田下啓子

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

田下啓子

MIZUTAMA第1号~特集「岩手県・遠野市を訪ねる」

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。