シリーズ「自分の物語」1 顔の中にある聡明さ

 今回雑誌「MIZUTAMA」を発刊するにおいて、できれば若い女性たちに読んでもらいたいと思いました。勿論男性も大歓迎ですが。
今回私のブログで書いた<自分の物語>のシリーズを大幅に手直しながら、女性たちにギフトしたいと思います。

 自分の魅力とはなにか、そしてそれは外見や容姿なのでは決してないといこと。そしてその女性の賢さは、はっきりとその女性の顔に顕われます。そのことを是非お伝えしたいと思い書きました。


 以前、新聞の週刊誌広告に「整形美人大国日本」とあってびっくりしたことがあります。
 また今も美容整形のことで裁判云々が話題になっています。

 私としては、いつから日本人はそういう表面的なことばかりに囚われるようになったのかと嘆きます。そして目に入ってくるのは、可愛いとか、男の目を引くために露出を多くしたり、顔や外見がまるで女の価値であるかのようなことがまかり通っています。
日本の女性たちが、そういうことがまるで自分の価値のように思いこんでいるのだとしたら、やはり私は悲しいです。

この続きをみるには

この続き:1,687文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

シリーズ「自分の物語」1 顔の中にある聡明さ

田下啓子

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

田下啓子

MIZUTAMA第1号~特集「岩手県・遠野市を訪ねる」

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。