こころのささくれ。

どうにも忙しくて、こころが疲れてささくれてしまった。

やることを端から片付けて、あちこち動き回って、色んなことを考えていたらあっという間に一日が終わっていて、家に帰ったら「もう誰とも話したくありません……」くらいに疲れていた。
一日の人と話すためのエネルギーを、だいたい仕事で使い切ってしまった感じ。

一週間くらい前からどうもからだも疲れているサインが出ていて、それは足の裏が凝り固まっている感じがしたり、背中や腰が痛かったりするのから分かったのだけれど、「これは、良くない」と思った。

まあ、からだは早く寝たりしてなんとか休めるとして、問題はこころのささくれだ。

はぁ。
どうしよう。

となんとなくネットを見ていて、ふと思い立って検索したのが ”犬と猫” 。
猫の間抜けな姿とか、子犬の愛くるしい姿をぼーっと眺めていると、自分の心がだんだんとほぐれていくのが分かった。

生き物のちからって本当にすごい。

人間という生き物によって疲れても、別の生き物で癒やされるなんて面白い話だけれど。
もしかしたら、別の生き物だからこそ、癒やされるのかもしれない。
違う生き物であればはなからそんなこと考えないのだろうけれど、同じ生き物だと「分かるよね?私の言いたいこと?」という無意識の共感を求める気持ちが生まれる。
それが受け入れられないことにストレスを感じて、疲れを貯めてしまうのかもしれないなぁ、と子犬のころころ転げる姿を眺めて思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とってもハッピー♪
11

あや

コメント2件

心のささくれには一人旅です。日帰りでもいいから。自分を誰も知らないところに身を置いているとなんだか楽になってきます。
ナランチャさん

読んでくださりありがとうございます!
一人旅、良いですね。
自分を誰も知らないところ、というのが大切なんでしょうね。
日常、無意識に作っている自分の決まりを知らない場所が取り払ってくれるのかもしれません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。