"さみしい"の根っこには

あるときふと感じてしまう”さみしさ”。

あれの正体ってなんなのだろう?

ひとりでぼんやりしているときでも、誰かと一緒にいる時でも、急に「さみしいな」という感情が襲ってくることがある。
それには前触れがなくて、突然やってくるのだ。

”毎回、この出来事が起こると”というような規則性はまだ見つけられていなくて、そもそもあるのかすら分からないけれど、とにかくなんだか無性にさみしくなるのだ。

誰かと一緒にいても”寂しく”感じてしまうことがある。

最近ちょっと気づいたのだけれど、この”さみしい”の中には「私を見て!」という気持ちが少なからず含まれている気がする。
承認欲求。

誰かといても、その場に誰もいなくても、誰かに自分のことを見てほしい。
見て、ただ認めてほしい。

それをなんらかの形で表現して、さらに誰かが受け入れてくれる、という体験をすると、”さみしい”から脱した状態に、ちょっとなるのかもなぁ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい!
2

あや

thanks

みんなのフォトギャラリーで写真使用頂いたもののまとめ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。