義理チョコのはなし

今日はバレンタインでしたね。
色んなところでチョコレートが飛びかったのではないでしょうか。

バレンタインの二週間前、話題となったGODIVAの新聞広告。
「無理に用意するような義理チョコ、やめませんか?」の趣旨の広告だったと理解しました。

負担になるような義理チョコならやめた方がよいと思いますが、個人的には、一年に一度身近な人たちにお菓子をプレゼントするという習慣は、素敵だなと思います。

バレンタインが近くなると、百貨店のお菓子コーナーが一段とにぎやかになり、通るだけでもわくわくします。
「何買うか、選ぶのめんどくさいなぁ…」と思って出かけても、色とりどりのチョコレートの箱を見ているとだんだん楽しくなってきますし。

プレゼントを贈る・贈られるどちらの側も、うれしいものですよね。
それはお互いが「ありがとう」の気持ちのやりとりをするからだと思います。

形骸化していない、小さい「ありがとう」のこもった義理チョコが増えると、もっとバレンタイン楽しくなるんじゃないかなぁと思います。
もちろん、本命もお忘れなきように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これから、どんな楽しいことがあるかな?
5

あや

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。