疲れを思考する

ホテルの鏡に映る目の下に、小さくシワができている。
こころなしか、薄くクマも出来ているような気がする。
割としっかりめに寝たはずなんだけどなぁ。

もともと体力が有り余っている、というタイプではなかったのだけれど、年を重ねるに連れて、それが顕著になってきた。
なんだかとっても疲れやすい。

20代の頃は、徹夜も深夜作業も、気合いでなんとかなっていた。
のが、いまでは気合いだけではどうにもならない。

やっぱり、若いということは体力の回復が早いということで、生き物であれば年を重ねるに連れてその能力が徐々に衰えていく、ということにはどうにもあらがえない。

では、どうするか。

私は自分の若い頃と比べて、当たり前だけれど長く生きている。
生きている時間が長くなれば、それだけ経験や知恵もついてくる。

「これだけ動くと、今日はちょっと疲れるな」
とか、
「少し体調が悪い。あまり無理しないでおこう」
とか、
自分の体のことに関する経験や知識も溜まってきて、
「あのときこうだったから、こうしよう」
が出来るようになってくる。

寄る年波に勝つためには、自分の経験をフルに動員することだ。

頭を使って体を動かして、今日もちょうどよい塩梅で過ごすことにしよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

すごく、嬉しいです!励まされます!
2

あや

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。