傷つきやすさ

人によって
傷つきやすい、傷つきにくい
あるかもしれないけれど、
なにかを言われたときにその人が受け取る言葉の重みというのはその人にしか分からない。

同じように伝えても、
ある人にとっては良かったけれど、またある人にとってはマイナスに受け取ったということは往々にしてあるし、
受け取る人のその時のコンディションというのも大きく関わってくる。

やたらめったら傷つきやすい人を擁護する、というのもどうなのかな、という気も。
傷つきやすい人へと合わせてばかりでは疲弊してしまう人も出てきたり。
だからといってそのまま放っておいて良いわけでもないし。

要はバランス。
ほっとき過ぎず、くっつきすぎない寄り添い方を目指していきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今、どんな顔なのでしょう(^^)?
3

あや

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。