さらけ出す

人と話すのが苦手だ。

正確にいうと、
「なかなか人に心を開けない。
自分をさらけ出せないので、当たり障りのない会話になってしまう。
特に、“ちょっと仲良い”レベルの人には、あえて自分の意見を言う必要はないかな、と思って話すことが無くなる。
だから基本的に人と話すのが苦手」
と、思っていた。

けれど、
誰でも、そういうものなのかも
と最近分かってきた。

自分の感情を素直に伝えるということは、きっと誰だって多少のストレスを感じるものだろう。
”感情は素直に表現した方が良い”
とよく言ったりするけれど、果たして本当にそうだろうか?
そもそも、さらけ出すのに多めのストレスを感じる相手にはさらけ出さなくても良いのでは?

人間なのだから、生き物なのだから、相手に対して当然好き嫌い・得意不得意ある。
好きな相手、感情を素直に出せる相手とじっくり付き合って、関係を築いていったら良い。
その人に対して、自分をさらけ出せるようになったら良い。
みんなに分け隔てなく接しようとなんて、考えなくて良い。
どこかに必ず、自分を受け止めてくれる人がいる。

大事な人には自分の時間を使って、そうでもない人には当たり障りなく接していたら良い。
そうしたら、ちょっと毎日が過ごしやすくなる気がする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これから、どんな楽しいことがあるかな?
6

あや

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。