デザイナーの秘密道具  #1「曇りメガネ」

こんにちは、フリーランスでデザインとイラスト制作をしている角田綾佳(すみだあやか)@spicagraphです。

デザイナーはWebサイトやパンフレットやロゴや、目に見えるものを作ることが多いので、「作る」ということにフォーカスが当たりがちです。しかし、「作る」の前にたくさんのことを考えたり、「作る」ための計画をしています。それは完成品からは見えづらいものなので、それを「秘密道具」に例えてご紹介していきます。

秘密道具#1「曇りメガネ」

デザイナーは制作の依頼をもらうと、まず「それは何のために作るのか」「どんな人に向けたものなのか」を依頼主や、制作を取りまとめるディレクターに確認します。

例えば、ある商品をPRするWebページを作るなら、その商品のこと・それを買うお客さんのこと・これまでの問題点・他社の商品など、とにかくその商品と、周りのことを知ろうと努力します。また、依頼主もいいデザインを作りたい思いから、たくさんの情報を提供してくれます。

しかし、残念ながらここに落とし穴があります!!

その商品のこと、お客さんのこと、全てがわかった!という頭になってしまうことです。

知るということは、「見えなかったものが見えるようになる」ことに似ています。一度その形が見えてしまえば、見えなかったころのことは忘れてしまいます。「見えなかった状態に戻す」というのは、意識的にしなければむずかしいものです。

そんなときは、「曇りメガネ」でデザインを見てみましょう。この商品のどこがいいか伝わっている?大事な情報が抜け落ちていない?この言い回しはお客さんに通じる?

作ることに集中すると、ついデザインや情報をまじまじと見つめている状態になります。一度気をそらして、パッと見てみる。お客さんになりきって見てみる。「作り手の視点」と「見る側の視点」を、うまく行き来するのがいいデザインへの近道です。

「わからない」と「知らない」

「わからない」と「知らない」は、似ているようで違う状態です。

「わからない」は、何かが足りない状態です。これは送料はいくらなの?ショッピングカートへはどうやって行けるの?これは決していい状態ではないにしろ、もしかしたら「探して」くれるかもしれません。

一方「知らない」は、「そもそも知らないので疑問すらない」状態です。お得なキャンペーンをしていることを知らない、ショッピングカートで今すぐ購入できることを知らない、これはとても残念な状態です。

「わかりにくいことはないかな」と同時に、「知っているだろう、になっていることはないかな」とチェックしながらデザインしましょう。

---
Twitterに不定期で「デザイナーの秘密道具」というのをシリーズでアップしています。noteではそれぞれについて少し詳しく書いていく予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートより、どこかでお会いしたらぜひ話しかけてくださいね

ありがとうございます!明日いいことありますように
74

spicagraph

デザイナーの秘密道具

むずかしくないデザインの話です
6つのマガジンに含まれています

コメント2件

はじめまして。Webメディアで編集をしております。
デザイナーさんの考え方についての記事でしたが、文章を作る者としても参考になる点が多くありました。本当に伝えたい事が伝わっているか、「書き手の視点」と「読む側の視点」の行き来を通して見直すよう心がけようと思いました。
Twitterも拝見いたしました。これからもたくさんの秘密道具を楽しみにしております。
ありがとうございます!デザイン以外のことにも置き換えて読んでいただけてうれしいです!これから頑張って行きます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。