見出し画像

Twitter運用する上でのモチベーション維持

Twitterを使う上でモチベーションを保つには?

継続して行くにはモチベーションが必要 と書いたけども
そのモチベーションはどうやって維持していけば良いのだろうか?
ということについて書いておくことにしました。


短期的にはRTやいいね、引用RTといったリアクションを獲得していくことでリアクションが多いと嬉しいのでまたTweetしようかなと思える
→リアクション欲しさだけでの投稿は見ているユーザーにも「RTあるいはfav欲しさ(バズ狙い)」が伝わってしまう。バズること=RTやいいね多数で他のユーザーにアカウントを広めることであり、それ自体は露出を増やすことでフォロワーの増加は望めるのでいい。
だが、そうしたバズ狙いでフォローしたユーザーに団体や公演情報を届けたいかどうか、というのがある。

ただリアクションが関係者だけ、だとTwitterやっていても楽しくないので関係外のユーザー(浜松市他の他団体など)からのリアクションを得やすい方法の模索をする必要はあるかと。

***

中長期的には公演を含めての団体やメンバー・関係者個々人の新たなファンを獲得していけるという点でモチベーションを維持できるのではないだろうか。

最後に



この劇場でこの時期に公演が出来ること、この外部スタッフの顔ぶれが揃ったこと、おいしい弁当と気の利いた打ち上げ会場が待っていること、前売開始前から本チラシが用意されていること、移動と宿泊が完璧に手配されていること……。すべて制作者が身を粉にして動いてきた成果です。もちろん、制作者として当然の役割なのですが、そのことにあまりに俳優や他のスタッフが無関心なのではないでしょうか。評価してほしいのではなく、少なくとも他のスタッフワーク同様に関心を持ってもらいたいのです。
http://fringe.jp/knowledge/k009.htmlより

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よかったらその他の記事も御覧ください。

Twitterでも発信していますので、ぜひフォローしてください!

関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

note有料記事の購入に使わせていただきます☆

嬉しいです!
2

#演劇ビギナー ノート

WEBサイトづくりやデザインやイベントの作り手にいること、演劇観たり作ったり、美術館にいるのが好き SNS各種リンク先→ https://linktr.ee/design_sho

#演劇ビギナー ノート

【演劇をまだ観たことがない人へ観てもらうには】 演劇情報を発信する上で、まだ知らない人にはどうやって届けたらいいだろう? 様々な角度から考察しているマガジンです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。