SHY

IT系の企業でエンジニアから知財業務までを経験し、このたび退職しました。知財部門では業務の枠組みを超えて、半ば自主的に組織の創造性を高める活動を行いました。優秀な人材(技術者)が力を発揮しづらいと思われる日本。知財部門にできることはないかと奮闘した記憶を書き記したいと思います。