見出し画像

Canvas よろしく会レポート

どうも、るっぽです。

人生で初めて、オフ会を主催しました。
Canvasという自分の所属するコミュニティでの初オフ会でした。

オフ会のレポートは私のマブダチであるとりさん(@ hashirutori00)がいち早く参加者目線で書いてくれていて、
とっても読みやすいのでそちらをお読みください。(とりさんありがとうございます!)
https://hashirutori.info/canvas_yoroshiku

ここでは主催した私としての記録をしておきたく、書き記しています。

***

そもそもなぜ開催したのか

内(小さな会社)しか知らない私が、外のデザイナーとの出会いを求めていたからです。

事の始まりは3月にmasacaデザイン部のいろいろ会に参加し、外のデザイナーと会うことの楽しさ、面白さに病みつきになったのだと思います。
それくらいにみんな、パッションがあり、やる気があり、優しく、輝いていました。

ここでは”デザイン”でしたが、おなじひとつのことに向かって努力している人たちが集まっているって相当なパワーなんですよね。

とにかく私はデザイナーと会うことに、外の世界を知ることに飢えていて、それでいてコミュ障でした。矛盾。笑

コミュ障を克服するためにも、デザイナーに会うためにも、デザイナーとして成長するためにも外の世界を知る勇気がやっと湧いてきた頃、
ふと、能動的に行動したくなりました。

そこで、いろいろ会主催者であるアロードさんにご相談したのが始まりでした。
アロードさんにご相談すると
「ぜひレビュー会を主催してみよう!」とアドバイスしてくださり、お手伝いいただきました。

Canvas運営チームも含め、チームで主催って本当に貴重な経験でした。
それぞれがそれぞれの役割を進んで行う。
デザイナーって空気を読んだり読み取ったりできる人たちだからこそ、なんというかもう居心地が良過ぎました(笑)
この場を借りて助けてくださったみんなにはお礼を言いたいです。
仕事との両立が下手すぎる私をあたたかく支えてくださってありがとうございました!

主催にあたり私がオフ会に求めたもの

デザイナー4年目といえど、未経験から飛び込んだ身として、なんというか偉そうにしたくなかった、上からとは思われないようなあったかい会にしたかったというものがあります。
ただレビューを求めてくださる方には真剣に向き合いたかったので自分の中でオンオフをはっきりさせたいと言う思いがありました。

あと、一番は私のような人見知りなデザイナーさんでも打ち解けることができるような会にしたかった。
ということが大きく、アロードさんと何度もお話し合いさせていただきました。
気づけば自分がレビュー通して成長したい!より、せっかく来てもらうならみんなに満足してほしい!が目的になってきました。

レビューを振り返る

実際にレビューを依頼いただくこともありました。
ただただ嬉しかった…!!
(本気で誰にも依頼されないと思っていました笑)

それにしても、会社で教育はしていても
お金をいただきデザインをレビューするということは初で。
勉強になったことや反省点をまとめます。

1.デザインのバックグウンドをしっかり聞き出す
分かっていてもまずデザインを見てしまうと違うところからレビューしてしまうなと思いました。
ビジュアルは取扱注意です。持って行かれてしまうので。

どんなジャンルなの?
コーポレートサイトなの?
LPなの?
ターゲットは誰なの?
トンマナは?
参考サイトは?
配色は?
ゴールは何?

・・・などなど。
もう耳にタコできてるかもですが、
デザインは問題解決なので。
私もしっかり聞き出して導いてあげてコメントしないといけないな、余計迷わせてしまうな。と改めて思いました。

同時に私が人にデザインを見てもらう時には、ちゃんと説明できるようになれば
必要なレビューが返ってくるなと思いました。
あと背景を伝えた上で、自分はどこを見て欲しいのかいっても良いと思います(あしらい・全体的な雰囲気・UI的に・トンマナ…など)
私にとってもめもめもでした。

ちなみにいまだに私もこれをお守りにしています。おすすめなので見てみてください!
https://note.mu/okamotomai/n/nbd3d5ea9a87b

個人的には、レビューを依頼してくださった方が進捗報告してくださったらもっと喜びます(^^)笑

2.レビュワーさんのレビューから学べた
Gitaさん、はいとさんのレビューにお邪魔しました。
Gitaさんははきはきと用件を伝えるので、レビューを受ける側も迷わないな、と。もう尊敬の眼差しで見ていました!
はいとさんはとにかくおだやかに人を導く導く・・・!もはや私も導かれたい!となりました。笑

人によってタイプも違うので楽しかったです。でもやはり目の付け所はみなさん同じところで、流石でした…!
(オザワさん・つだめさん・アロードさんのレビューものぞきたかった…)

3.どういう風にレビューするべきか悩んだ
人によっては、「厳しくお願いします!」「優しく見てね!」・・・など。
結構心の中では、自分に合う、求めているレビューが違うと思います。
もし、希望があればそれを伝えてもいいかもしれません。
ザックリでも甘口・中辛・辛口…のようにw

ちなみに私がレビューお願いする場合は優しい雰囲気でズバズバいってください^^って頼みたいですw

アンケート結果

まず最初に嬉しかったことを。
Q.また参加したいですか?
はい 100%


!!! はい 100% !!!

あの本当にみなさま優しすぎてまた泣きそうになりましたww
また、色々とコメントいただいたのでしっかり読ませていただいてます。
(まだまだ受け付けております^^)

以下箇条書き
【よかったこと】
・やっぱり名刺交換は盛り上がった
・お好み焼き、たこ焼き美味しかった
・同じ境遇の人と交流できてよかった
・心強くなった
・モチベーションが上がった
・立地がよかった

【反省点】
・業種別に分けた時のフォローが足りなかった
・受付に運営がずっといたわけではなかった
↑こちらは今後のオフ会で改善していければと思います!
確かにもっと話す話題等をゲーム方式でやっていく、など工夫が足りませんでした・・・申し訳ありません。
受付もずっとは確かにいれてませんでした、、反省。

【今後の課題】
・全員と挨拶ができなかった
・・・ですよね・・・。主催の私でも全員との名刺交換できておらずです。
限られた時間の中での全員との挨拶は今後も課題ですね。。

【参加したいオフ会の内容】
・小規模なオフ会
・レビュー会
・もくもく会
・飲み会
の票が多かったです^^

挨拶全員とできない!ことを思うと小規模も良さそうですね!


オフ会を主催してみて、今思うこと。

今は楽しすぎたあの日が夢のようで、現実を毎日活きることに必死です笑
ただあの日の夜は結婚式を終えた夜かのようでした。
ずーっと練っていたものを当日たくさんの人に来てもらってお披露目する感じ!
唯一の結婚式との違いは主役は参加者の皆さんってこと!

1年前はツイッターもやっておらず、外のデザイナー友達0人の状態でしたが、まさか50人近い人たちが自分たちの企画した会に来て盛り上がっていてくれている。
当日は途中ひとりでその光景を見てじーんとしてました。笑

自信がついたわけでも、技術力が上がったわけでも、全然ないのですが、
大規模でなくてもまた主催したい!と思えました。

主催向いてるのかも…?とも思いました。
これはなんというか。「主催すごいだろ!」ってどやりたいわけでもマウントしたいわけでもなく。
私人見知りなので、みんなにちゃんと挨拶できるところとか、話しかけてもらえる事がとてもありがたかったです!
あと人見知りの気持ちがわかるのでなるべくフォローを!と思っていたのですがみなさんコミュ力が高すぎてフォローされっぱなしでした。
とてもありがたかったです(;ω;)あと裏方で動くのは嫌いじゃなかったです。人見知りこそ主催をおすすめします!笑

…お好み焼きもたこ焼きも美味しすぎたし、念願の石鹸いただけたし、ストレッチも教えていただけたし、
お絵かきはくりはらさんに似顔絵描いてもらったりで…
嬉しすぎました(^o^人)

最後に

本当にありがとうございました!!!
今回はひょんなことから私が主催する機会をいただけたこと、そして皆さんが参加してくださったこと、感謝しております。
オフ会後に交流するようになった方々もいらっしゃると思います。
今度は運営チームが!と言わずにみんなが会を企画してくださったら次につながって嬉しいなと感じています。
そして参加させてください!!!笑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます٩( 'ω' )و将来迎えるねこちゃんのための貯金にまわさせていただきます٩( 'ω' )و

わーい!ありがとうございます٩( 'ω' )و
23

るっぽ

都内で働く猫とキウイと寝ることが大好きなゆるゆるウェブデザイナーです。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。