クーポン券ミスド

クーポン券付きの折り込みチラシ

 モノゴトの表面だけ見ていても何も分かりません。思考・分析を深めていくと、工夫や効果が複数段階、連鎖的に見えてきます。

 数年前のある日、切り取り式クーポン券が付いた2種類の折込が目につきました。一つはカラオケルーム(BOX)、もう一つは大型スーパーに併設のシネコン(シネマコンプレックス - 同一の施設に複数のスクリーンがある映画館)でした。いずれも娯楽施設ですが、運営企業は別のところのはずです。そのクーポン券はいずれも、様式・手法において私が初めて見掛けるユニークなものでしたが、似通ったものが二店より偶然同じ日に入ってきました。
 券持参で入場料が割引される、というごく一般的なサービス内容です。ただ、利用者に求められる記入事項が「自宅の郵便番号7ケタ」のみ、である点がユニークです。皆さんはこのようなクーポン券を見たことがありますか?

 さて、この形式にすることによって生まれる、利用者側及び店側のメリットとしてはどのようなことが考えられるでしょうか?
店側の狙い(策略?)はどういったところにあるのでしょうか?

**************************************************** 

 まずは利用者側のメリットから。主なポイントは、「郵便番号しか書かなくてもよい」という手軽さ、でしょう。
 より安い買い物を心掛けている財布の紐が固い堅実な人は、このようなクーポン券収集に熱心であることが多いです。”ケチ”とかそうでないとかではなく、住所や名前等多くを要求されるかつてよく見られたスタイルのクーポン券であっても、値引きを享受するためなら記入の手間を惜しまず利用します。

 でも世の中には様々なタイプの人がいます。すなわち、「いちいち書くくらいなら使わなくても別にいい」と考える人です。記入が面倒臭いし、その店は家から近いわけでもないしわざわざ…、といった感覚でしょうか。
 また、”手間”の要素もあれば、”個人情報を提示したくない”という部分も、利用者側にとっての裁定事項になることが近年では多いと言えます。
 店側はそこをついている。利用者心理を量った上での新スタイルのクーポン券でした。

 次に店側のメリット(あるいはデメリット)はどうでしょうか。

 上述からの繋がりから考察するならば、「(従来のように)住所や名前の情報を得られなくてもよいのか」「これは通常スタイルのクーポン券に比べ、情報という部分で損はしないのか」といったことが懸念されます。しかし、問題がないから店側はこの”郵便番号形式”を採用しているのですよね。

 論点は以下のようになるでしょう。

 個人情報の管理は昨今の法令に基づき、店側にとって煩わしいものになっている。煩わしくならない範囲内で店側が「知りたい」情報はクーポン券の利用顧客の自宅の郵便番号であり、また同時にそれで事足りる。前述のように、「記載が面倒臭いから」を理由に利用してもらえない(来店してもらえない)のは店側が望むことではなく、利用してもらえて初めてチラシを入れた意味があるので、利用を促すために「郵便番号のみ記載」という気軽さを提案した。――となるでしょうか。

 ここからが深いところです。

 この郵便番号の”価値”はいかなるものでしょうか。そもそも新聞の折込チラシを入れるのには莫大な費用がかかります。新聞社の選択と配達エリアの絞り込みとがあり、より効果的な、最大の成果が見込まれるような選択をする必要があります。

 この事例では、「チラシを見て来店した顧客」はまず例外なくそのクーポン券を利用することになります。
 同時に店側は、どこのエリアに住んでいる顧客に対してチラシ効果があったのか、を郵便番号によりほぼ正確に実態把握することができます。すなわち、次回チラシを入れる際の配布先選択においてその結果に基づく判断をすることができます。1回目の折込配布時には、競合店の店舗配置、交通の利便性等を主要素としただけのマーケティングになると推測しますが、2回目のチラシ配布企画において、より無駄の少ない効率的な行動をとることができると考えられます。
 他にも考えられる要素があるかも知れません。皆さんも考えてみてください。一人で考え込むだけではなく、職場や家族で話し合ってみたら楽しいかも知れませんね。

 できるだけ安い買い物をしたりクーポン券を集めたりして経済的に賢くなりましょう!ということをここで呼びかけているのではありません。他人が練り出した工夫やアイデアを分析して、自分自身の仕事や生活における発想能力を高める一助になれば、という考え方です☝

#デザイン思考 #本質 #合理化 #業務改善 #コラム #コンテンツ会議 #とは #熟成下書き #生活 #目的 #クーポン #郵便番号 #メリット #デメリット #チラシ

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

【サポート頂く】=【より多くの方に起案主旨を届けたい!との願いを叶えることにお力添えを頂く】 --- 記事のシェア等によって、より多くの方に「記事に触れる機会」が生まれ、過ごしやすい社会がもたらされることが最大の喜びです😍 貴方のお気持ちは起案内容の質の向上に繋げます!

毎朝upしてますのでよろしければ他もご覧下さい(^^)/
38

デザイン思考と本質追究を楽しもう♫

会社員をしながら〔本質把握〕と〔合理性追求〕に日々明け暮れ、気になったことを書いています。と言っても、専門的な難解なものではなく、今よりもう少し「モノゴトを別の角度から見てみる」という心掛けが広まればいいのになぁ、との願いを抱きつつ、”気付き”の提案をしていきたいと思っています。

コメント10件

こちらこそありがとうございます。
私は起業家になるつもりもありません。そんな逸材でもありません。
ただの普通の地味な女子大生です。
noteの記述誤り箇所は、じっくり読んでも、誤字脱字も特になく、
あればご指摘させて頂いています。
その場合は指摘後に改善されるとコメント消します。

実例からの、多角的な視点と面白い取り組みをご紹介するのは、
WBSを見ているようで面白いです。
人と同じことをしていると、なかなか勝負になりません。

郵便番号7ケタのお話は、なぜ?って思って、チラシの配布場所のためなのかと
思うと、トリビアの泉ではないですが、「へぇ」と押したくなります。
> 北里明日香 さん
謙遜なさって…😉

『他にも考えられる要素があるかも知れません。皆さんも考えてみてください。』などと、〔断定〕せずに〔提案〕で逃げていて、「これが答え」「(自分は知っているから/おしえてあげるから)知恵や雑学として押さえておけば?」な態度・方針は全くありません。
考える習慣や力を身につけると、「たとえ知らなくとも辿りつけたりするかもよ」という推奨です。
※つまり〔誤り〕とは、「あなたの分析内容は、より深く認知している者として訂正します」の類('◇')ゞ

> 人と同じことをしていると、なかなか勝負になりません。
ありがとうございます!
斜め読みしかしない人には「情報や知識の受け売り」と見えるようですので、感じ取って頂けるのが何よりのやりがいです💪
>>考える習慣や力を身につけると・・・・
なるほど。さらに丁寧な補足説明ありがとうございます。
大学の講義後の先生に質問して教えてもらう感覚があります。

先生は言うのですが、「誰も質問に来ない」ってよくおっしゃいます。
たぶん、みんな理解っているのでしょう。
考える習慣を身につけるのを、鵜呑みにするのとでは全く違いますからね。

>>斜め読みしかしない人には「情報や知識の受け売り」と見えるようですので
同感です。
ある情報をどのように噛み砕くのか、さらに調理するのかで、
作者の考えがまた一層わかりますが、そのままザーッと読んで、「スキ」だと
ホントに覚えているのかわからないです。

大学の講義後のやり取りみたいですね。
> 北里明日香 さん
面白いですね☆彡
自分が文章の上級者とは思っていませんが、「もしちゃんと丁寧に読めば/読んでこそ見出せる深み」のようなものを仕込んで、楽しんだりしています(笑)
 
記事は緩急織り交ぜて参りますが、これからもどうぞよろしくお願いしますm(__)m
ただし、私の後輩として入社してきてもらいたい!という気持ちを、今以上に高めさせるような”返し”はほどほどに☝
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。