ハーゲンダッツを食べ続けると、今まで美味しかったスーパカップが物足りなくなる現象は果たして幸せか!?てか、そんなこと考えるのは俺だけか問題

スーパカップ、超旨いですよね。だから死ぬまでスーパカップを食ってりゃ幸せなのですけど、

例えば給料上がって、日々のアイスがハーゲンダッツに変わりました。超絶ウマイ!幸せだ♪って状況で久しぶりにスーパカップを食ったとすると

旨いけどちょっと物足りないかも、、

あれ?スーパカップ食った時の幸せ度が下がっとる!になりませんかね!?

ハーゲンダッツ食べて幸せ度+1
スーパカップ食べた感動減少−1

相殺やんけーっ!!

貧乏臭い話ですんません。。。

と考え出したきっかけは、うちの3歳の娘が何かハーゲンダッツ食べてまして、

おいおい、まてまて、貴様!
俺はそこに辿り着くまでに、どれだけ長かったことか。  

なのにオマエは3歳でハーゲンダッツデビューか!?
ほぅ。。随分偉くなったもんだな、、、だが、しかし!忘れるな小娘!?
そのハーゲンダッツを食うことによって、他の素晴らしいアイス達への感動が薄れてしまうことを!?

そんなメッセージがこもった視線を熱く送っていると、俺が食いたいと勘違いして、

「パパ、どうぞ」ってちょっとお裾分けしてくれて、

「あ、ありがとうございます。なんか、すんません(なぜか敬語)へへ」
「んー、うまいね~」 
と、よう分からん心境コースへ。。。

いや~、しかしね~、
ハーゲンダッツの味に慣れてしまったら、これから出会う素晴らしいアイス達への感動が薄れてしまわないかい?
アイスの実とか、ピノとか、雪見だいふくとかさー、世の中低価格で化物級のアイスがたくさんあるわけですよ。

昨日も、うちの奥さんにネットスーパー頼むけど、何か食べたいのある?って聞かれ、
「んー、、スイカバー」
とか37になる大の大人が言っちゃってるわけですね。暑くなってきたしね。

だからねー、、いきなりハーゲンダッツにいっちゃうのは、なーんかもったいない気がするのですよねー。。


ほんとこの世の中、旨いアイスがいっぱいあるのだぞっ

スイカバーを食べる俺
それをじっと見る娘  

ほぅ、食いたいか。。。
 
確かに、暑くなってくると食べたくなってくるスイカバーはこれからの時期に適している。

旨さの最大風速は時と場合によってはスイカバーが、ハーゲンダッツを越えてしまうときだってあるのだ!!!

価値とはそういうものだ!!娘よ!!!!
的な熱い視線を彼女に送りながら

「しゃーない!!ほれ、食え食え」


「いらないよー」

、、、、、、

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

一緒に弁当食べましょう🍱✨
58

コメント1件

年長さんの七夕祭りのとき、短冊に「すいかばー たくさん たべたい」って書きました……。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。