カナダ人女性の東京での痴漢被害と警察からのセカンドレイプ(全文の和訳)


カナダ人の若い女性が、東京であった痴漢被害と警察の対応についての体験をツイッターに連続ツイートしました。

(まず前置きの話をします。カナダ人のツイートの和訳は下にあります。)

そのカナダ人は日本に住んで働いており、日本を愛していて、日本人の彼氏がいます。(この事件の後、その日本人の恋人と結婚して現在は日本に住んでいます)

英語でツイートしているので、英語圏の人からの反応も多いようです。

電車内の痴漢や路上で知らない男にからまれるのは、日本ではよくあることです。日本の女性なら大半が痴漢やセクハラ被害にあったことがあるでしょう。でも被害者は日本人だけではないのです。

英国政府による日本への渡航情報の治安について「日本は電車内での痴漢被害が非常に多い。また六本木等の歓楽街でドリンクに薬をもられて昏睡させられ強盗にあう事件の被害も多発している。英国人も被害にあってるので注意」と注意喚起しています。他にも日本への渡航情報の注意として痴漢や性犯罪が多いと書いてある国もあります。また日本は性犯罪の法律が時代錯誤で(レイプの法律は100年前の法律を最近少し修正しただけ)、警察が被害者をセカンドレイプし、世論は被害者の方をバッシングする異様な国と海外で報道されています。

私の外国人女性の友達も東京の道を歩いていたら、知らない日本人の男からいきなり胸をつかまれ逃げていったそうです。外国人は日本語話せないから警察にチクらないだろう、と外国人をターゲットにした痴漢や性暴力加害者達がいると外国人の間では10年以上前から噂になっていましたよ。

性犯罪者には常習犯が多いそうです。自分が学生の時によく痴漢にあうので観察してたら、ホームで並んでる時から私をじーっと見てる男がおり並ぶ列を変えるとその男も同じ列に変え、ドアが開いたらぴたっと背後にはりつく事が多かったです。

それに世界的にも、性犯罪の被害者は女性だけではなく男性やLGBTなど性別を問わず、年齢は乳児から高齢者まで、障がい者も被害にあっています。チクりそうにない相手をターゲットにする加害者もいます。

日本人でも日本で性暴力にあい警察に行っても「被害届を出さない方がいい」と説得されたり、告訴しても法廷で嫌な目にあい世間からのセカンドレイプがひどい。だから泣き寝入りして沈黙する被害者が多いですよね。

本来なら市民を守るのが法律や警察なのに、この国では性犯罪から市民を法律や警察が守ってない、と批判されています。守られてない事に多くの人が不安を感じています。

もしあなたが国外でこのカナダ人みたいな目にあったらどういう気持ちになるだろうか? そのことで心身症になったらどうなるだろうか? それを考えながら読んでみてください。

このカナダ人は痴漢被害がトラウマになり、東京の警察でセカンドレイプされて傷つき、事件のフラッシュバックがひどくなり(事件の恐怖が頭に浮かぶ)いまもPTSDに苦しんでいます。

彼女のこの事件については、世界のネットメディアGlobal Voicesの英語の記事になってました。私のツイートとこの和訳も紹介してありました。

「日本で性暴力被害にあった女性が日本の警察に行くとどういうめにあうか?」というタイトルの記事です。

https://globalvoices.org/2018/08/08/what-happens-when-women-report-sexual-assault-in-japan/

この記事が、アメリカの名門 ハーバード大学の研究センター(サイバー関連を特に研究している有名なバークマン研究所)のサイトでも紹介されていました。

http://cyber.harvard.edu/planet/network/

カナダ人が事件後にツイートしてた後日談のところから私が和訳してツイッターにUPしたところ、私の最後のツイートだけがバズってしまい大量にRTされました。そこの箇所だけ見て「これガセネタだろ」「作り話だろ」「反日」と批判レスしてくる人が結構いるので、全体を読んでほしいと思い、今朝速攻で和訳しました。カナダ人がこの事件に関して最初にツイートした日からいままでの関連ツイートの全部をまとめて和訳してあります。(和訳したことは本人にも伝え済みです。)

彼女がこの事件関連の続報を新たに書いたら、それも和訳して追記していってます。なのでこの記事はどんどん更新してます。

原文は英語です。

以下に英語から日本語に翻訳しました。


※9月7日

このカナダ人の女性がまた都心の地下鉄で痴漢被害にあったそうです。だけど前の経験で傷ついてしまったので、悩んでいます。それについても追記で下に和訳します。

セクシーな格好してなかったのに被害にあったし、いったいどういう外見なら痴漢にあわないのか と嘆いています。

実は痴漢や性犯罪の加害者に聞き取りをしたデータでは、ターゲットを選んだ理由として、8割位の加害者は服装や外見でターゲットを選んだわけじゃないという結果でした。おとなしそうとか、年齢的に(子供や少女、または中高年)チクらなさそうだし警察も相手にしなさそう、という理由が一番多いという結果でしたよ。


:::::::::::::::::::


<和訳>


これが7月14日土曜日に、私が東京で被害にあった痴漢事件の全容。その日私は仕事に行く為に東京メトロの千代田線で表参道に向かっていた。仕事は昼の12時から始まる。私は車内で立っていた。午前11時10分頃で、目的地の表参道駅まであと15分から20分位だった。

すると知らない日本人の男が左側から私の隣に立った。男はいやらしい目つきで私をじろじろなめまわすように見てきた。そして私に近づき「キレイだね」とささやいた。私は無視して何も答えなかった。まわりの人をみわたしたが、何人かは男の異様な行動に気づいていた。席に座ってた乗客の中にタトゥをした白人の男性二人がおり、そのうちの一人が私が困っているのに気づいて「大丈夫?」というような視線をおくってきて、加害者の男を見ていた。

加害者の男は前の席があいたので座ったが、私をじろじろ見続けてきた。見ていたのは主に私の顔と太もも。その日はスカートをはいていた。落ち着かない気分になり、どうしていいのかわからなくなった。

前にも似たような経験をしたことが何度かあった。でも日本の電車は安全なんだといつも自分に言い聞かせていた。今まで他の人が痴漢やハラスメントをされるのを見た事がなかったから。それに痴漢のターゲットになるのはおとなしくて従順そうな女性か子供のような弱い立場の人達なんだろうと思っていた。子供が性犯罪のターゲットになるのは吐き気がするような事だけど。日本では外国人は痴漢されないだろう、外国人女性は痴漢されたら声をあげて行動をおこすから痴漢も恐れてるのだろうと思ってた。

しかしその男が数分後に立ち上がって私にまた近づいてきて、日本語で「どこに行くんですか?」ときいてきた。私は「huh? (はあ?)」「What? (なに?)」と怒った調子で返事した。でも彼は私をじろじろ見続けて、また席に座った。私をなめるように見続けたのですごい気持ち悪くなった。

なんとかしなきゃいけない。他の車両に移ろうか、でも車両を移ったらあの男がついてくるかもしれない。そしたら身の安全が保障されるかどうかわからない。だったら、がたいのいいタトゥをした白人男性達がいるこの車両の方が安全かもしれない。電車から降りて次の電車を待とうかと思ったけど、電車が降りたらあの男も降りてついてくるかもしれない。もうオプションがなくなって、どうしたらいいかわからなくなった。

降りる駅の表参道まではあと5分だったのでふだんなら立ったままだけど、席が空いたから座った。男に直視されずにすむと思ったから。間に女性一人をはさんで加害者の男が隣の隣に座っている状態。すると男は向こうから首をのばして私をじろじろ見続けた。私はスマホを取り出して彼氏にメッセをして状況を伝え、facebookに状況を書いた。

どうすればいいか考えてた。目的地の表参道駅で降りたら加害者もついてくるんじゃないかとおびえた。不安で吐き気がしてきた。そうだ、駅に電車が到着したらドアが閉まる瞬間に外に飛び出そう。私を気にかけてくれてる白人の男性達がいる方のドアの方が安全だろう。でもそっちのドアに行くには加害者の男の前を通らなきゃいけない。それは嫌。白人の男性に自分の彼氏のふりをしてと頼もうかとも考えたけど、そこまでするのは過剰反応だろうと思ってやめた。

けど電車が表参道に着いたときに失敗して、ドアが開く前にドアの前に立ってしまった。開くのを待ってる間に、白人男性にアイコンタクトで自分が困ってるという事を伝えた。するとあの日本人男性が走ってやってきて私の後ろの左側に立った。私は恐怖でパニックに陥ってしまい、頭が真っ白になってどうすればいいかわからなくなった。きっとこの男は一緒に駅を降りて私についてくるだろう、どうしよう。すると男が私の背後に立ち、私のヒップの左側を強く2回つかんだのだ。身体中にアドレナリンがわーーーっとかけめぐった。後ろを振り返ると私の後ろにいたのはその男一人だけだった。

私が顔を見たので男は反対側のドアの方に逃げた。私はその男をたたいて左肩の方をつかんだ。男は隣の車両に逃げたのであとを追いかけた。そしてTシャツのえりをつかんだらひきちぎれた。男は私をつきとばしてまた逃げたので、私は「痴漢、痴漢です!」と大声で叫んだ。でも誰も助けてくれなかった。男が隣のドアから走り出たので、私は男と一緒にドアの外からホームに転がり出て男の上に倒れてしまった。

私は急に自分に何がおきたかがやっとわかって、堰を切ったように号泣した。午前11時半位のことだった。そばにいた駅員が犯人の男と私をひきとめ、誰かが警察をよんでくれた。ほどなくして警察がきて、加害者と私は別々に簡単に事情をきかれた。私は感情のコントロールができなくなり泣き続けていた。あの車内にいた白人男性の一人がやってきて、大丈夫かどうかきかれたので何がおきたのかを話した。彼は同情してくれたのだけど数分後に去ってしまった。

私は職場に仕事に遅れる旨の連絡をし、彼氏にメッセージを送ってなにがおきたか説明した。彼氏がすぐ電話をくれた。私の彼氏は日本人なので警察と電話で話して状況を説明してくれた。警察は私を駅の外に連れ出してパトカーに乗せ赤坂警察署に連れて行った。パトカーには二人の警官が乗っていた。運転していたのが歳が上の男性の警官で、後部座席に私と一緒に座っていたのが若い男性の警官。彼らが質問してきたので、私は事件についてまた説明した。運転していたおじさんの警官が「後ろに目がついてないのに、なぜ背後から尻を触った相手がわかるんだ。そんなわけないじゃないか」と私を見下したような態度で言ったので、頭にきた。

赤坂警察署に着いて、たくさんの署員がいる大きなオフィスの隣の小さい部屋に通された。まず婦人警官から私の外国人登録書とパスポートとスマホを箱の中に入れるように言われたので渡した。女性はその婦人警官一人だけ。スマホもなく外部とコンタクトができない状態で、パワーを持っている飢えた男達だらけの中に一人で放り出されたような気がして怖くなった。こういったらなんだけど、日本では警官による痴漢や性犯罪事件だって実際おきてるよね。私がいたのは警官がたくさんいる大部屋のすみっこにスクリーンを立てただけのところだった。10人ほどの男性警官達がやってきて私の話をきいていた。

通訳は警察署におらず電話通訳になり、男性の通訳が電話で通訳した。私がスピーカーフォンの通訳に向かって事件の概要を説明している時に、外で話を立ち聞きしてる警官達が大きな声でしゃべったり笑ったりしてうるさくて、スピーカーフォンごしの通訳にうまく伝えることができないこともあった。

警官に事件の概要を全部説明し終わった。警官が、「犯人は未成年なのでこういう事件がおきたときは普通は親をよびつけて親に説明し、親から子供を叱ってもらう」と言った。つまり犯人を法律的には罰しないというのだ。私は「それって冗談でしょう?」とつい笑って言ってしまった。私はできることはなんでもやる、被害届も出すし告発もすると言った。

すると警官達はさらに詳細にわたって事件をくりかえし説明させた。だんだん私は落胆してきて、こんなんじゃなんの成果も出ないだろう、たんに時間の無駄なんじゃないか、という気持ちになってきていた。警察に着いて数時間ずっとそんな対応をされたのでぐったりして、警察が言うのが多分正しくて痴漢にあったことなんかもう忘れたほうがいいんじゃないか、とすら思うようになった。あんなことがあって心身ともにとっても疲れてたし何も食べてないからおなかもすいていた。

私が被害届を出すと言ったため、警察は私の腕、脚、手、足、ヒップ、身長を測定し写真を撮った。そして今度はちゃんと通訳を連れてきた。今度の通訳は60代の女性だった。彼女は私の気持ちをわかってくれたので、少し希望がもてた。その通訳に事件の詳細を数回繰り返して話した。そのときもう3時間半が経過していた。

警察は、次に事件の再現をしてもらうといった。私は準備ができるまで30分待たされた。ホールに連れていかれて入ると、茶髪のウィッグをつけチェックのスカートに白いシャツの女のマネキン人形がおいてあった。そのマネキンが被害者の私というわけ。そして警官が痴漢役になった。私は人形を使って事件の再現をさせられ、指をさして状況を説明して確認をさせられ、警察は私の姿を含めてすべてを写真に撮った。それが日本の警察での調査の決まりだというので私は従った。再現にはすごい長い時間がかかり、もう4時間半ほどたっていた。

警官は犯人の指紋やDNAが付着してる可能性があるので、今はいているスカートを提出するようにと言った。それは変だと思ったし、今は脱げない。今週中にスカートを提出する為にまた赤坂署に戻ってくる事になった。

その後また事件の被害届を出すために事件の全容を一から説明しなおし、それを警官が書類に記入した。通訳の助けで警察と一緒に被害届をよみあげ、何通かの書類にサインをし指紋をとられた。次は事件を絵に描かされたので、また1時間半かかった。しかも警察にいた間は、座って待たされる時間の方が多かった。

警察は、「犯人が未成年なので立件できないだろう。それに電車の車内には監視カメラもないし目撃者もいないから証拠がない」と言った。私は警官に対して「なぜ警察が現場に駆けつけた時にまだそこに車内にいた目撃者達がそばにいたのに、その証人達に話をきかなかったのか」と質問したが、警官達は言葉をにごしただけだった。「警察署の署長が刑事事件にするかどうか決めるからどうなるかわからない。もし刑事事件にならなかったら、民事で告訴することは可能だが民事で訴訟しても家族から謝罪されて終わりだろう」と言われた。

警察に着いてから6時間半が経過していた。やっとスマホやIDを返されて、もう家に戻っていいと言われた。警察が、事件があった表参道駅と自宅のどっちに送っていくかきいたので、私はもちろん自宅を選んだ。自宅なら1時間もかかると警官がうなった。でも私は被害者なのに警察に連れてこられ6時間半も取り調べを受けたし疲れ切ってるんだから、自宅に送るくらいはしてほしいと正直思った。私の自宅まで普通は車で30分だし。

6時過ぎに警察署を出て7時過ぎにやっと自宅に戻れた。「私は大丈夫」と思った、身体的には。でも身体が震えていて、精神的にもうぼろぼろになってた。


その後、電車に乗るのが怖くなってしまった。もしあんなことがまたおきたら、自分には力がないんだ、私は無力なんだと落ち込んでしまうだろう。だって日本では警察は助けてくれないし、被害にあってもここでは自分はどうすることもできないんだろうから。



●事件から2週間後

痴漢被害の続報。痴漢事件から2週間がたったけど、痴漢犯人は事件の数日後に警察に自白したそうだ。しかし犯人はなんの罰も受けてない。初犯だったから今回は罰しないが、もし再犯した場合は罰を受けるだろう、と警察は言った。

たった1回痴漢にあったくらいなんでもないだろ、と言う人が日本には多いだろう。でもその痴漢事件のせいで私は大きな悪影響を受けた。事件のあと少なくとも1週間は何度も事件のことが頭のなかでぐるぐるぐるぐるまわっていた。事件のフラッシュバックが何度もおきた。そして痴漢にあう悪夢を4回も見てうなされた。

触られたくらいなんでもないじゃん、と思う人も日本には多いだろう。もっとひどい性暴力にあう人だっているのは私もわかってる。でも私は事件にあってから、自分の身体がただのモノ扱いされて、また知らない男から触られるかもしれない、という恐怖にとりつかれてしまったのだ。

自分の痴漢被害をツイートしたら大きな反響があった。心配してメッセージをくれてほんとうにありがとう。多くの日本人女性達がコメントをくれて、自分も電車内で何度も痴漢被害にあってきた、と言っていた。中には子供の時に痴漢被害にあった人もいる。彼女たちの話を読んでいると、こんなひどい状況があることが悲しいし怒りをおぼえている。

みなさん、お願いです。もし誰かがストーカーされたりハラスメントされてるのを見かけたら、声をかけてあげてください、なにか行動をおこしてください。そうすれば被害者を助けることができるかもしれないから。



●8月2日のツイート

信じられない。日本の警察が私が痴漢事件についてツイートしたことを削除するように言ってきた。日本ってほんとに素晴らしい国だよね。私に対してやったひどい事を隠そうとするんだから。

私は痴漢事件の犯人は未成年だから、もし犯人の名を知ってても名前も言わないし、写真を持っててもUPしない。犯人に対して「丁重に」対応しているのに。


でも被害者として私が沈黙してしまったら、事態は何も変わらない。

警察はただ被害者を沈黙させ、真実をすべて隠してしようと思ってるのかもしれない。でもそんなことはできないのだ。こんな日本のよくない状況はもう変えるべきなのではないだろうか?


OK, 警察がまた言ってきた。痴漢事件に関するツイートを消去しろと言ったのは、警察が私に対する対応や事件を隠すためではなくて、「私の身の安全」のためだそうだ。警察が言うことが真実かわからない。警察はたんに私のやることに口出しして邪魔しただけなのかもしれない。明らかに警察は私の身を守ってはくれてはいないし、私は自分の身は自分で守るしかないのだ。



●8月3日のツイート

日本では女性差別や性暴力のニュースが相次いでいる。

もし日本を本当に愛しているなら、もっといい国にしようとか、住みよい場所になるようにするべきではないだろうか。国の悪いところを指摘して改善しようとすることは、反日とか国を嫌ってるからではない。日本の悪いところをよくしようというのは、日本を好きだから、日本にもっと住みよいいい国になってほしいからでしょう。



●8月7日のツイート

あれから強くてタフであろうとがんばろうとしてる。言うことは行動するより簡単だけど。

今日も電車に乗ったら知らない男が私の前に立った。その男は私の顔をじろじろずっと見ていた。英字新聞を取り出して読み、眉をあげて私を見つめ手でなんかジェスチャーしている。「大丈夫、心配しないで、彼は何も私にしない」と自分に言い聞かせていた。でもあの事件以降トラウマになってしまった。私は男を見て恐怖でいっぱいになった。駅で降りたらその男も降りて私の後ろから着いてきた。すっごいナーバスになった。彼は私にすごい興味があるようだが、私に何をするかわからない。でももしかしていい人なのかもしれないし、私が勘違いしてるだけなのかも。私はすっかりおびえてしまった。事件のあとPTSDに苦しんでいて、自分がやりたいと思ったことでも強い態度に出れなくなってしまったし。


<追記>

●8月7日のツイート

警察が私に電話をかけてきた。というか、警察は私の彼氏に電話をかけてきた。私の彼氏は日本人だから。話を私に伝えるように警察は彼氏に言った。警察は私のツイッターをチェックし、私が事件に関してツイートしてるがすぐ削除しろと言った。私は驚いて腹がたった。だから彼氏にお願いして警察にかけなおしてもらって、なぜそんなことを言うのかをきいてもらった。すると警察は、あなたの身の安全の為を思って言っただけ、と釈明した。

警察が「あなたの身の安全の為に」という言葉をあとで付け足したのは、ほんとは警察の自分達を守るためだったのか、私にツイートを消せと命令したことを悪いと反省したからなのか、それはわからない。どっちの理由であろうが、私のツイートやSNSは警察には関係ないはずだ。警察の知ったこっちゃない。警察が個人のツイッターにまで介入して言論統制すべきではないのだから。


<追記>

●8月7日のツイート

※(彼女のツイートは「ガセネタなんじゃね」という反応に対してカナダ人女性が反論。)

もちろん、性被害を告白した女性に対して「それはガセネタだろ」とウソつきよばわりするような男性は世界のどこにでもいる。私に痴漢被害をした犯人は自分がやったと警察で自白し罪を認めたのだ。だから私はウソは書いてない。

加害者は無罪放免されたのに、被害者の私は警察で6時間以上も泣きながら取り調べを受け、そのせいで仕事に行けなかったから失職するんじゃないかと心配している。でもそんな被害は犯人にはまったくおきていないし、犯人はなんの罰もうけていない。

日本というこれほど痴漢が多い国で、なぜ痴漢の被害を信じない人達がいるのか理解しがたい。日本は児童ポルノのマンガが売られてる国だ(※注)。そしてまんだらけのような店にいけば、電車での痴漢の凌辱ポルノだって売っている。そんな国なのに、性犯罪の加害行為を信じずに被害者側をバッシングするのか。

(注:児童ポルノは海外の多くの国では犯罪。アメリカでは児童ポルノの写真を持っていた男が懲役60年の判決を受けた)

私は仕事の残業で夜遅く帰宅することも時々ある。彼氏が駅に迎えにきてくれるのを待ってる間、私に声をかけてくる日本人の男が結構いる。ある時はまったく知らない男が私の腕をつかんで連れて行こうとした。またある時は知らない男からいきなりラブホテルにひっぱっていかれそうになったことだってある。

日本にいる男性達よ、心配することはない。ウソの告発で刑務所に行く心配をする必要はないんだから。だって日本では犯罪の「真実の告発」だって警察はなにもしてくれないんだから。私のように。だからあなたが何も性犯罪行為などしてなかったり、自分の犯罪を認めないんだったら、あなたが立件されることはないから。

私の痴漢事件は犯人が自白した。でも私はその犯人の写真も名前も個人情報は一切公表していない。魔女狩りなんかしたくないし、第一そんなことしたとしても私にはなんの得にもならない。こうやってツイートしてるけど、自分の告白を誰かに注目してほしいと期待すらしていない。だから自分のツイートを整然とまとめようともしてない。

ネットに痴漢被害を書いた事でバッシング受けるんじゃないかという不安もいだいている。私は繊細なので。


<追記>

●8月7日

日本人のみなさんありがとう。思いやりのあるメッセージをたくさんくれて。私は日本語が得意じゃないから日本語で書けなくてごめんなさい。警察に行って告訴するのはほんとに怖いことなのはわかる。でもそれをすることで警察に対して、女たちはもう黙って泣き寝入りはしないということを警察にわからせるきっかけになるかもしれない、今までの悪い状況を変えることができるかもしれない。けどそれがこわくてできない人を私は責めたりしないよ。

みんな安全にはきをつけてね。そしてもし他の誰かがハラスメントを受けていたり助けを求めてる人がいるか、もっと周囲に注意をはらってみて。もし被害を受けてる人を見たら、まわりにきこえるようにただ大声を出すだけでもいい。「あなたが何をしてるのか見てますよ。やめなさい」とかね。そうすれば加害者はやめるかも。でもなかには怖い人もいるので、危険は冒さないよう気をつけて。

それから自分の体験からのアドバイス。事件にあったり他の人が事件にあったのを見たら、なるべく動画や写真を撮っておくこと。それから現場で目撃者を確保して警察に証言をしてもらうこと。もし警察がすぐにきてくれなくても、あなたが友達のふりをするなどして被害者の身の安全の為に被害者を加害者から引き離してあげて。


<追記>

●8月7日

私がツイートしたことでバッシングのコメントがたくさんきた。私が言いたいことは、私はレイシストではない。人種差別には反対だ。もちろんすべての日本人が悪いわけではない。あんなことがあったけど、それでも私は日本を愛しているし、日本にこのまま住み続けたいと思っている。

世界のどんな国の社会でも問題は必ずある。でもその問題を改善し解決するかどうかが重要なのである。

私にとって今回の事件で一番問題だった事は、日本の警察が被害者に被害届を出させないように邪魔をしたことだ。日本は治安がいい国だといわれている。でも実は日本の警察は事件があったときに話はきいてくれるが被害届を出させないようにするし、被害届が出されないと犯罪件数にはカウントされないから日本は犯罪率が低いのだときいた。だから日本の実際の犯罪はもっと多いだろう。そのうえ警察は被害者に事件を告訴してもらいたくないと思っている。それは犯罪の申し立てがあって有罪判決が出ないと、警察署の成績が下がるからだそうだ。(※注:検挙率が警察署の成績になる)

みんなもっと困っている人にもっと手をさしのべてほしいと思う。私が痴漢を追いかけてつかまえて「痴漢です、痴漢です」と電車内で叫んだ時には、誰も助けてくれなかった。トラブルに巻き込まれたくないからだろう。私が痴漢からセクハラやストーカー的な行為を何十分も電車内で受け続けて困っていた時も、まわりの乗客は私達を見ていただけで何もしてくれなかった。

私は別の場所で別の日にも、知らない男がいきなり私の腕をつかんで私をどこかに連れて行こうとしたので「ノー、ストップ、助けて、やめて」などと日本語で叫んで助けをよんだのに、まわりの人は誰も助けてくれなかった。ただこっちを見てるだけで無視して歩き去っていったのだ。

もっと安全な国にするためには、誰かが困っていたら手をさしのべ、関わり合い、助け合うことが重要なのではないだろうか。

他の国、たとえば私の母国カナダでも、もちろん犯罪はある。犯罪はあるけど、まわりの人達がすすんで助けてくれる。もしいやがらせやセクハラ、痴漢、ハラスメント、人種差別の被害を受けている人を見たら、まわりが立ち向かって加害者に文句を言ってくれる。

日本人は無関心で対立を避けようとする人がけっこう多いと思う。でも虐待されたりハラスメントを受けている人を助けるために、かっとなったり、怒ったり、対立することは悪いことではないのだ。

多くの人は、自分には他人を助けることなんかできないと思ってるかもしれない。でもできる。あなたは人を助けることができるのだ。

そして、日本人にはたくさん親切な人がいる。私が痴漢被害にあって駅のホームで泣いていた時に、私に近づいてきてなぐさめてくれた日本人女性もいた。彼女は電車に乗ってなかったから痴漢被害については知らなかったのに。警察のうちの2人は私の言う事を信じてくれたし仕事もプロフェッショナルだった。事件についてツイートしたら、たくさんの日本人から優しいメッセージをもらった。

ただ一方で私のツイートに対してバッシングする内容のコメントも多数来ている。ヘイトや人種差別のレスをする人へ。人種差別をあおるのはやめてほしい。私は被害者なのにさらに傷つくし、それにそんなことをしても状況改善には役にたたない。レイシズムはただ人を傷つけるし有害なだけだ。

私達はみんなで手をとりあって一緒によりよい社会にするように、変えていかなければならないと思う。





::::::::::::::::::::::::::::

2回目の痴漢被害


<9月の追記>

●9月4日

今日またほんとにほんとにひどいことがおきた。なにがおきたかは話したくない。だってそんなめにあったのは自分のせいじゃないかと批判されるだろうし、私も自分のせいかもと自分を責めてしまうから。もし他の女性が同様の被害を受けたとしても私はその被害者を責めたりはしないけどね。いま混乱してる。


●9月5日

トラウマを抱えたり犠牲者だと落ち込むには値しないと思うようになった。だって自分はなにも悪いことやばかなことをしたわけじゃないから。

以前痴漢被害あったときに日本の警察にいったらすごい屈辱的な思いをした。警察からは痴漢にあったのは私の落ち度だというようなことを言われた。警察がいうように私の落ち度なんじゃないかと自分を責める気持ちになってしまった。

でも犯罪を犯したのは加害者の方なのだ。加害者が自分で痴漢をすると決断したのだ。でももし私があの時あの場所にいなければあの痴漢とあうこともなかった。自分があの電車にいたのがバカだったのか。


●9月6日

私がなぜこんなに痴漢という変態にねらわれるのか、だれか教えてほしい。ほんとに。。。。


●9月7日

これが私が4日に電車で痴漢にあった時に着ていた服だ。だぼだぼのロングシャツで、身体の線はまったく見えない。

そのとき私は仕事の帰りで、東京の地下鉄の千代田線に乗っていた。もう深夜で私は電車の中で眠かった。私の隣の席に若い日本人のサラリーマンが座った。

私はうとうとしかけたが、その隣にいた日本人の男が私に急接近してきた。そんなことするなんておかしいと思った。が、その男はそれ以上何もしなかったので大丈夫だろうと思い、またうとうとした。

すると私の胸をつっつかれたので、驚いて目をあけて隣の男を見た。すると男は胸からさっと手をひいた。「いったい何がおきたんだろう」と思ったが、もしかして電車の揺れでぶつかったのかもしれないと思った。

私が体勢を変えたらその男は離れていった。だからさっきのはやっぱり自分がイメージで痴漢じゃないかと誤解したんだろうと思いなおして、またうとうとしはじめた。

そしたらその男がまた隣の席で接近してきた。この写真のように腕を組み片手をのばしてる状態。最初は片手で胸をつっつき、次に意図的に胸をつかんだ。そして胸をぎゅーっとつかみつづけた。

私は顔が真っ赤になり、頭が真っ白になった。その男は胸を何分間かつかみつづけた。そして、口でいやらしい音をたててきた。

(深夜12時近くだったし、犯人が腕を組んで周囲に見えないようにしてるので)まわりにはわからない。もし私が動けば犯人は痴漢行為をやめるだろう。でもからだがかたまってしまった。

けどまた痴漢の犯人を捕まえて警察に行けば、前の時みたいに日本の警察で長時間の取り調べを受けるだろう。あんなめにもうあいたくない。

まわりの誰かが気づいて助けてくれないかと願った。でも誰も気づいてくれなかった。

私はその日だぼだぼの服を着て、メイクはもう落ちており、顔は恥ずかしさと怒りで真っ赤になっていた。まったくセクシーじゃなかった。なぜセクシーでもないのに襲われるの? どうすれば痴漢にあわないようになれるの? 頭を剃ってスキンヘッドにしたり、40キロ太ればいいのか?


●9月7日

痴漢被害をツイートしたら、なぜ痴漢に対して何も言わなかったのか、なぜ捕まえて警察につきださないのか、という批判レスがいくつかきた。

多分叫べばその男はさっと手を離して自分は何もやってませんよ、と無垢な顔をするだろう。

前に痴漢にあったときに私は電車の車内で痴漢を追いかけて「痴漢です、痴漢です」と大声で叫んだが、まわりは誰も助けてくれなかった。また大男を相手にして一人で戦うことにはもう疲れてしまった。犯人を捕まえて警察に行けば、また私だけが警察で夜を徹して取り調べられることになる。明日仕事がある。もうあんなめにあうのはいやだ、もう疲れた。

前に痴漢をつかまえて警察に行った時に、被害者の私の方が6時間半も屈辱的な取り調べを受け、加害者は証拠も目撃者もないと無罪放免になった。日本の警察にいってあんなひどいめにはもうあいたくない。

でもなんかおかしい。私は普段は強い女なのだ。もし失礼なことをされれば怒るし、身体を触ったりされればその男にパンチする。けど今回は痴漢に怒りすら感じなかった。ただ気持ちが悪くて吐き気がして、恥ずかしいし、心身ともに疲れ切ってしまって動けなくなってしまった。もうヒーローやファイターになることが嫌になってしまったのだ。

なぜ日本はこんなにも痴漢が多い国なんだろうか。日本の会社は性風俗のプロを雇って男性社員に痴漢プレイをさせるなりして発散させたら、電車での痴漢が減るんだろうか。

もう精神的に疲れてしまったので、今度カウンセラーにかかることも考えている。

(同様の被害にあったという人に対して)あなたも同じような目にあったのですね、かわいそうに。

また痴漢被害にあったけど、私が被害にあったおかげで、私より弱い他の女性が襲われなくてすんだ、自分が犠牲になったからよかったと思う。けど犯人を逃がしてしまったことで、あの男がまた別の女性を襲うかもしれない、という罪悪感もある

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんの役にたつ記事を書いていきます。支援して下さるとうれしいです。

202

dia feliz

日本の現実

3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。