見出し画像

MIDI キーボードで Chord Worker を操作できるようになりました

上のツイートの通り、Chord Worker が MIDI キーボード入力に対応しました。MIDI 出力には元々対応しているので、DAW との連携はある程度できていたのですが、このアップデートにより、さらに DAW との親和性が高まりました。

MIDI キーボードの設定手順は次の通りです。

1. MIDI キーボードをパソコンに接続します (※)。
2. Chord Worker のアプリページを開きます(すでに開いている場合はリロードしてください)。
3. 画面中央上部にある「パッドレイアウト」を「MIDI キーボード」にします。
4. 「入力デバイス」として、接続した MIDI キーボードを選択します。

※ 事前に MIDI キーボードのドライバをインストールしてください

これで設定完了です。

各パッドの右下に書いてある数字は MIDI ノートナンバーです。この数字に対応する鍵盤を弾くとコードが演奏されます。オクターブスイッチで割り当てる鍵盤の位置を変更することができます。

プリセット「MIDI Standard Tetrad」は、MIDI キーボード入力のために今回新しく追加したプリセットなので、これを参考にいろいろとコードアサインをいじってみましょう。

これまでは、ウィンドウがアクティブになっている時でないとコードを鳴らすことができませんでしたが、このアップデートにより、ウィンドウが非アクティブな場合でもいつでも MIDI キーボードを弾くとコードが鳴ってくれるようになりました。DAW で作曲をする上でかなり便利になったと思うので、ぜひ活用してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。いただいたサポートは、プロダクトをよりよいものにするための開発資金として活用させていただきます。 Chord Worker https://chordworker.diatonic.codes

1

tanikawa

リサーチャー / Web エンジニア。研究は自然言語処理、音声、音楽がメイン。 Twitter https://twitter.com/diatonic_codes

Chord Worker

作曲ツール Chord Worker のいろいろについてゆるくまとめていきます。 https://chordworker.diatonic.codes
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。