見出し画像

電車で声かけた女の子とSEXした話

はじめに

こんにちは、ディックです。

私は小学生の頃、「電車男」というドラマにめちゃくちゃハマりました。

ご存知の方もいらっしゃるかとは思われますが、この作品はインターネットの電子掲示板である2ちゃんねるへの書き込みを基にしたラブストーリーです。

主人公「電車男」は彼女いない歴=年齢のアキバ系ヲタクである。彼は電車の中で酔っ払いに絡まれた女性を助けてエルメスのティーカップをお礼としてもらう。

オタクと美女の恋愛模様を描いた話だが、当時から私はこういった運命の出会い的なものが大好きなのです。

皆さん電車を普段から使用すると思うのですが、そのときにすごくタイプな女性がいたりしませんか?

その際にその女性と仲良くなろうと普通の人はしないですよね。
それは私は本当に損していると感じます。

なぜなら、電車内でも恋愛に発展する可能性があれば、人生の可能性がとてつもなく広がるからです。

こちらのサイトによると男女の恋人との出会い方は

1位 学生時代(クラス・サークル)32%
2位 友人の紹介 21.6%
3位 同じ職場 19.4%

という結果でした。


つまり、70%以上が同じコミュニティ内の人間としか恋愛できないという現実があります。

しかし、私は自分のコミュニティ内で恋愛したくないし、同じコミュニティ内だと複数の女性にアタックすることができません。

一部のヒエラルキーの高い人間がモテて終わり。

言い換えるならば、100人しかいない村で生活しているようなものです。

私はその中から本当に好きになれるような人を見つけることはできないと感じたのでナンパを始めました。

少し前置きが長くなってしまいましたが、その女性との出会いについて書いていきます。

出会い


それは7月の終わり頃でした。この日もとても暑く、セミが鳴いていたのを覚えています。

いつものように渋谷でナンパをしようと思って電車で移動をしているときに、となりに黒髪ショートのいかにも「真面目そう」な女の子が座りました。

顔は能年玲奈を少し幼くしたような感じだったので、これから「のん」と呼びことにします。

いつものようにインスタグラマールーティンで声掛け。


するとのんはずーっと笑っていました。

何がそんなに面白かったのかのかはわかりませんが、のん曰く「私本当にツボが浅いんですwwww」とのこと

聞くと、現在大学2年生で今課題に追われているから図書館でレポートをしにいくらしい。

ディック「てかめっちゃ笑ってくれるやん!俺の顔そんなに面白い??」
のん 「wwwwいや顔じゃなくてお兄さんの話がめっちゃ面白いww
     てか電車で話しかけられたの初めてだし、めっちゃ面白いwww」
ディック 「ここで会えたのも何かの縁だし、せっかくだからレポート終わったらご飯いこーよ!」
のん 「うん!終わったらいいよー!」

ということでインスタとラインを交換し、一度放流。

かなりの食いつきを感じたので確実にブーメラン返ってくるだろうと確信し、時間までストリートナンパをしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブーメラン

再開を予定していた時間の少し前に「終わったよー」とのラインがきました。

「じゃあ渋谷駅の〇〇集合で!」といい、のんと再開。

改めて見てもやっぱり可愛い、、、

そしてまたずっと笑っている。

私はよく笑う子がすごくタイプなので、どうしても即したいなと思いました。

ディック 「じゃあめっちゃおすすめの焼き鳥屋あるからそこ行こ!」
のん 「えーどんなお店?」
ディック 「貴族しか入れないって噂の『鳥貴族』ってお店なんやけど」
のん 「wwwwそこいったことあるよwww」
ディック 「まじか!のんも貴族だったのね!ならいくしかないね!」

いつものルーティンを使い、鳥貴族へ

そこで話しているとのんは本当に面白い人でした。


のん

ディック 「のんはどういう人がタイプなのー?」
のん 「太ってるおじさん!」

ディック 「まじか!太ってもないしおじさんでもなくてごめん!」
のん 「ううん!たまには若い人ともお話したかったし!」

ディック 「いや若いってのんまだ20歳でしょwww」
のん 「そうだけど、ほんとにおじさんとしか恋愛してこなかったからなあ」

ディック 「まじか、それはどういう知り合いなん?」
のん 「だいたいバイト先の人だよー!居酒屋で働いてて、そこで会った人とSEXしたりしてるよー」

まさかのド即系でした。
人って本当に見た目によりませんね、普通に可愛い女子大生が太ったおっさんに抱かれていたって事実だけでボッキしますね!

ディック 「のんめっちゃ面白いなwwwwデブのどこが好きなの?」
のん 「ふにふにしててかわいいとこ!」

ディック 「ふーん、のん可愛いのに変わってるね」
のん 「wwwwよく言われるwww」

ディック 「ちなみに今までで一番やばかったSEXとかある?」
のん 「うーん、でも不倫したことはあるよ!」

もうかなり仕上がってきているのを確信したので、店を退店し、テルホ打診。

「こんな暑い日はアイス食べたくない?」

「うん、食べたい!」

「ならコンビニいって涼しいとこで食べるか!」

でコンビニでアイスを買ってノーグダテルホイン


ホテル


ここからは普通にアイス食ってたわいもない話をした後、「のんってほんとかわいいよね」からの見つめ合ってDK。

服を自分から脱いでそのままフェラしてくれるくらい積極的でした。

「そういえばデブってお腹の肉やばすぎてちんこめりこんでたりするよね」

「wwwwねえwwwやってるときに笑わせないでwww意外とそんなことないよ」

「あー確かに、男だと通常時しか見たことないもんな。勃起してるとちゃんとあるのか」

そんな感じで笑いながらえっちして解散


このように電車内で声をかけてその日のうちにSEXすることもできる世の中です。

最後に

わざわざ自分のコミュニティ内の女の子にリスク覚悟で迫るより、ブルーオーシャンで自由にSEXしませんか?

この女の子も、周りに男性がいるのがバイト先だけで出会いがなく困っていました。

そういった女の子を狙っていくことで、たとえ太ったおじさんでも女子大生とSEXすることができます。

あとは行動するだけです。
あなたの人生が豊かになることを願っています。

最後に再現性抜群の私のnoteを紹介しておきます。

ディックのおすすめnote


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

コーヒー一杯のサポートをしていただけましたら、DMにてあなたのプロフィールの添削を行います!

イケメンはだいたい努力しない
4

ディック

□非モテ出身の低身長ブサイクが恋愛工学と理論で女性を攻略します。 □より多くの女の子と恋愛したい人、恋愛を攻略したい人に向けて情報を発信していきます。 □計300部以上販売。 □Twitter→https://twitter.com/sikaotokoawo
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。