多様化するパブリッシャー、新しい必携機能は「製品ラボ」

広告でお金を使ってもらおうと競い合うとき、パブリッシャーは、オーディエンスやクリエイティブサービス、エディトリアルの評価をセールスポイントにする。これと同じ材料を使って、自社サイトや高額の支出をしてくれる広告パートナーのためにオーディエンスに直接販売できる消費者向け製品を作ろうとするパブリッシャーが増えている。

この続きをみるには

この続き:4,570文字

多様化するパブリッシャー、新しい必携機能は「製品ラボ」

DIGIDAY [日本版]

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

【限定】https://digiday.jp/digidayplus/
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。