医師国家試験の勉強をiPadメインで行う方法論

*せっかく購入頂いた方が不安にならないよう未完成状態で更新していきます。完成したらnoteのつぶやき、Twitterでお知らせします。2月中には完成といえる完成度を目指します。通知が何度もなってしまって申し訳ないです。ちゃんと書いている証拠だと思ってご容赦ください。

【追記した場所もメモ】
2019/2/23 
・各章ごとに番号ずけ。
・追記箇所のメモ追加
・【7】に予備校テキストを製本機を使って解体する具体的な方法を追加

2019/2/24
・細部の修正/画像の追加
・構成の変更

2019/3/6
・細部の修正
・マガジン内に質問項目への回答をまとめたnoteを作成中です。あと数日で出せるはずです。(「医学部の試験に落ちない方法」)

2019/3/11
・ご指摘を頂きSplit viewをSlide overに訂正いたしました。
・マガジン内にnoteを追加しました。
 ・「医学部の試験に落ちない方法」
 ・「iPadを高く売る方法」


ほとんど値段に差をつけていないので、マガジンで購入することがおすすめです。
今後も国試情報関連のnoteをマガジン内に追加する予定です。
その際にマガジンとして購入頂いている場合にはマガジン内に追加された記事を追加料金なしで読むことが可能です。

(身バレしうる情報も含めているので今回の情報はブログではなくnote有料にさせていただきました。申し訳ないです。)

マガジン:医師国家試験のデジタル化の方法解説


★このnote内では今回のメインコンテツである国家試験の勉強をiPadで行う方法を筆者の経験を踏まえて紹介します。

★この記事は、だいたい5年生から6年生くらいの時期を対象に作成します。
(勉強を電子化したいという人は予備校を選択する前の3~4年生が見てもらえれば、より戦略的に国家試験の勉強の電子化を進められるかと思います。)

★電子化にある程度詳しい人なら知っているような基本的な内容も含んでいます。

★また、具体的な方法の紹介は筆者のブログを参考ページとして添付するのみで、このnote内では具体的な方法を完全に紹介していない場合もあります。詳細はブログ内での解説へのリンクになっている場合もあるということをご了承ください。

●筆者の情報

普段は「でじすたねっと」というiPadで勉強する方法について紹介したブログを運営しています。

iPad勉強の基本的な情報はこちらに書いてありますので、購入する前にブログの方を見て頂けると、ほしい情報が見つかるかもしれません。


4年生からiPadで勉強する方法を模索しています。

予備校選びは迷走。
結局medu4、Tecom、Q-assist、mec(これは後期講座サマライズのみ)を購入してしまいました。

なので予備校のレビューもいずれするかもです。無駄に予備校の経験は豊富です。今思えばほんとに無駄でした。

国試の自己採点はしない派なので、まだなんとも言えませんがCBTは学年で10位、定期試験は6年間1度も落ちていないのでiPadを使った勉強が大きく的を外していたわけでは無いはずです。


このnoteを読んでくれる方は、テストの点数のとり方よりもiPad勉強で効率を上げたいという人だと思って書いています。テストで高得点を取るのは勉強効率を上げた上で圧倒的な勉強量が必要ですし。


このnoteはiPad勉強で効率を上げて
・興味のある分野をしっかり勉強したい人
・趣味に打ち込みたい人
・部活を頑張りたい人
・その他、試験勉強以外に時間を有効活用したい人

におすすめです。


●有料noteだから書けた内容

・普段ならあまり書かないスキャン代行業者についての情報(積極的に推奨しているわけではありません。)

・筆者の勉強ノートも含めて画像で公開しています。(予備校の著作権に配慮した範囲での公開になります。)
特に直前期の国試究極MAPの改造はいい感じだったので、多くのひとに使ってほしい方法です。

・予備校、書籍、アプリに関する批判的な内容
 →この〇〇はダメ、買うべきでないetc...

目次でこのnoteの内容はざっくりわかってもらえると思いますので、目次も見てみてください。(目次はこの章の終わりにあります。)


筆者はほとんどすべての医師国家試験勉強環境をiPadに集約しました。

国家試験が終わってみて振り返るとやはりメリットが大きかったのでiPadで勉強する方法をこのnoteでまとめました。

・復習がしやすい
・ベーステキストに集約できるので卒業試験の勉強も無駄にならない
・ファイルで管理できるので、紛失しにくい
・直前期のまとめがやりやすい
・国試当日の荷物が少なくてよい
・これからはGoodnotes5でさらに便利に
→Goodnotes5を使用した勉強法は同じマガジン内のこちらのnoteに追記しました。
あたらしい医師国家試験のiPad勉強

こんなかんじのメリットですね。↑のnoteに書いたようにアプリが便利になってきすぎているので、これからの国試勉強には必需品になる予感がしています。


このnoteに筆者が国試の勉強で行ったことを残しておくのでぜひ筆者の試行錯誤を活かしてよりよいiPad勉強に仕上げていってもらえればと思います。

ちなみにこのnoteに書いた内容はApple pencil対応のiPad1台でできることをベースにさらに教科書のPDF化も含めて書いています。

(筆者はAndoroid端末も保有していますが、ノートアプリのクオリティからiPadでの勉強がBESTだと考えています。なので基本的にはiPadでの勉強を紹介しています。)

【1】iPad勉強の予備テキストの電子化

やはり今の国家試験勉強の中心は予備校を利用する方法です。そうすると、どの予備校が良いのかという話になりますよね。

どの予備校が良いか悪いかというのは、他のかたも沢山情報を発信されているのでとりあえずこのnoteでは各予備校とデジタル勉強との相性をメインに紹介していきます。

この続きをみるには

この続き:19,696文字/画像42枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンに購入しておいてもらえるとあとから追加された有料noteも追加料金なしでご覧いただけます。記事の量を増やしていくにつれて徐々に値上げ致しますので、迷っている方は早めにご購入いただけるとお得です。 国試関連で質問いただければ、その内容についての記事もマガジン内に作成致しますので、質問お待ちしています。

医師国家試験の勉強をデジタル化する方法を紹介します。今回は有料noteでの限定公開になるので、普段は身バレ予防のために上げることを躊躇...

または、記事単体で購入する

医師国家試験の勉強をiPadメインで行う方法論

digi

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

digi

医師国家試験勉強のデジタル化の方法解説

医師国家試験の勉強をデジタル化する方法を紹介します。今回は有料noteでの限定公開になるので、普段は身バレ予防のために上げることを躊躇していた内容も書きます。 ブログの内容に一部重複しますが、こちらのnoteのほうがより具体的な方法を紹介しています。 マガジンを購入頂い...

コメント21件

にくさん!コメントありがとうございます。

質問いただいた内容についてですが、パソコンなしでのOCR処理は現状では厳しいです。

やはりパソコンソフトを用いて行うのが主流です。

スマホのみというと、

https://digista.net/2018/11/11/only-ipad-scan-pdf/

この記事で紹介した方法くらいかまだ発見できていませんが、スキャナーをお持ちならスキャナーを利用する方が便利です。

また、Evernoteの有料会員ならPDFの中にもクラウド上で文字認識&検索が入りますが、PDFに埋め込まれないので、他のアプリでは使えません。

自分もスマホだけでOCR処理を行う方法を探しているので、見つけたらブログの方で紹介させて頂きます!
あと、Onenoteでもアプリ内のOCRがかかったはずです。こちらもおそらくPDFには埋め込まれませんがり
やはりパソコンなしでのOCR処理は厳しいですか。
ご回答いただきありがとうございます。

自分も前期講座TECOMで、現在QA、後期はサマライズを考えている新M6なので、勉強のデジタル化はもちろん、digiさんの勉強についての記事も大変参考にさせていただいております。今後もたのしみにしています。
ありがとうござます!引っ越しが落ち着いたらサマライズなどについてもマガジン内に追加する予定です!(仕事的にできなかったらすいません^^;)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。