ペルソナ03

サンリオピューロランドのサイトに学ぶ、新規にもリピーターにも効くペルソナ

ペルソナをつくる時、新規客とリピーター客では別個のペルソナを立てることが鉄則なのですが、先日あるサイトを見ていて、新規にもリピーターにも効くペルソナのつくり方があることを知りました。それが「サンリオピューロランド」です。

サンリオピューロランドは、ハローキティ・マイメロディなどの人気キャラクターを多数抱えるサンリオが運営する屋内テーマパークです。近年、アトラクション・フード・サービスなどを見直して、2018年度の来場者は過去最高の219万人に。

公式サイトのトップページで上部を占有する一番目立つコンテンツ、それが今回取り上げる「ピューロランドの楽しみ方」です。「誰と行く?タイプ別おすすめプラン」というくくりで、一緒に行く人に応じた4つのモデルプランを提示しています。

テーマパークの公式サイトトップページでは、その時期に開催しているイベントをありったけプッシュするのが通例なのですが、ピューロランドのサイトは「人」を出発点にしたつくりになっています。つまりペルソナの要素が意識がされています。

タイプ別にどのようにコンテンツ(アトラクション、ショー、パレード、ランチ、スイーツ、ショッピングなど)を紹介するしているか、見てみましょう。
※以下の引用では、おすすめの回り方の中から特にそのタイプに象徴的なものを抜粋しています。

①おじいちゃん・おばあちゃんと楽しめるおすすめプラン
・ハッピーはっぴ~バースデーSHOW:その月のお誕生日キャラクターと一緒にお子さまのお誕生日もお祝いしちゃおう
・Miracle Gift Parade:「なかよく」「思いやり」の大切さをストーリーに込めた、心あたたまるパレードです
・スウィートパーラー:ミラクルアイスを、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒にどうぞ
②ファミリーで楽しめるおすすめプラン
・インフォメーション:エントランスに入ったら、まずは「本日のスケジュール」を見てショーの時間や最新情報をチェック!
・フードコート:人気キャラクターメニューが楽しめる
・エントランスショップ:ベビー・キッズのグッズを購入☆
③ともだちと楽しめるおすすめプラン
・エントランス:ピューロランドに到着!さっそく入り口で記念撮影☆
・ぐでたまらんど:ゲームとフォトスポットで遊んじゃおう☆
・シナモロールドリームカフェ:かわいいスイーツがいっぱい!迷うなぁ~☆
④彼・彼女と楽しめるおすすめプラン
・~キキ&ララ~トゥインクリングツアー:くものどうぶつあつめゲームで競争しちゃおう☆
・ハローキティの幸せの鐘:鐘を鳴らして、2人の幸せを祈りましょう☆
・ビレッジショップ:2人の記念のストラップを買ってもらっちゃった♪

解説の前にあらかじめことわっておくと、今回は直接的なペルソナ(詳細なプロフィールを持つお客様人物像)は登場しません。
しかし見ていただいたように、「お客様が何を求めているか・望んでいるか」という骨格部分が非常にわかりやすくなっています。

ピューロランドのペルソナ(タイプ別おすすめプラン)に学ぶポイントは、「ペルソナに最適化した楽しみ方を提示している」ことです。

ページを見ていると、ターゲット層であるペルソナが施設にどういう楽しみを求めているのか、よく研究されていることが伝わってきます。引用箇所をまとめ直すと、ざっと次のようなねらいが見て取れます。

・おじいちゃん・おばあちゃん→孫と楽しめるしかけ、安心できる仲良し理念
・ファミリー→子どもが喜ぶお祝いや参加型のしかけ
・ともだち→たくさん遊べる、たくさん撮れるしかけ
・カップル→距離が縮まるしかけ、記念になるしかけ

性別・年代、あるいは入場者数のデータを見ていただけでは、ここまでの想像は広がりません。「お客様」を見ているからこそ、気持ちの面を汲み取ったしかけや順路の提案が可能になっているのです。

実際のページでは、わざわざプランごとにイメージ写真と紹介動画が撮りおろされており、一見すると体験記風です。この工夫を見ただけでも、お客様の目線で楽しみ方を発信することへのこだわりが見て取れます。

冒頭で触れた通り、ペルソナは本来、新規とリピーターを分けてつくるのが鉄則ですが、これくらいの楽しみ方の幅を持っていれば、ある程度の新規・リピーターをカバーすることができます。エンタメ事業に関わる方は要チェックのペルソナです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたサポートは、個人で市場調査研究を行う活動費に充当させていただき、引き続き新しい記事を読んでいただけるよう頑張ります。

このリアクションで頑張れます!
6
リサーチャー|【マーケットをつくるリサーチ】をライフテーマに活動中|上智大学新聞学科→学研→マクロミル→大手総合ECサイト広報|著書『売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全』(明日香出版社)|マーケティング/アンケート調査/ブランドコミュニケーション/雑誌研究/広報PR
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。