「耐震性の足腰」について

第一回、「岩崎ひろきノート」の公開

※この記事単体でも購入できますが、マガジンごとご購入頂く方がお得です。

いきなりこんなマニアックというか、地味感溢れるタイトルで果たしてこのマガジンを購入してくれる人がいるのかどうか。

不安な気持ちが拭えないが、まあいいのです。

「岩崎ひろきのクワイア指導論」は僕のノート。記録。クワイア指導でのアイデア、仮説、実践、結果,,,を記録する予定。本当にノートなのだ。

「そんなもん公開してお金をとるのかよ」と言われそうだ。だが指導中の僕の脳みそを完全公開する訳だから、誰かの役には立つだろう。僕が指導しているグループの中に、指導に興味を持っている方もきっといるだろうから。

そんなわけで第一回のノートを公開してきます。

「耐震性の足腰」について

最近、よく使う指導のキューがある。

※「キュー」とはque。指導フレーズのこと。運動指導者がよくこの言葉を使う。かっこいいので僕も使っている。

「耐震性の足腰になってね」というフレーズだ。

いつも、膝のロックを外したいと思っている。膝がガチガチにピンと張っていると「あまし」がなくなる。そうすると上半身の調整も効かなくなる。呼吸効率は落ちるし、喉頭(こうとう)=喉の可動域もグッと狭まる。

この続きをみるには

この続き:483文字
記事を購入する

「耐震性の足腰」について

岩崎ひろき

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事に対する投げ銭ができます。いただいたお金でビール飲みます!!

スキ、ありがとう〜。嬉しいです。
6

岩崎ひろき

岩崎ひろきのクワイア指導論

クワイア指導に関するあれやこれ。 考察、仮説、実践。 指導の裏側が好きな人、マニアックな内容好きな人、指導に興味がある方向けです。

コメント2件

踊りだと「プリエ」にして、っていうとわかりますけれど。。。以前アルカでやった米俵持つやつはとってもわかりやすかったです
プリエってそれなのか!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。