ピンセット香道

入澤香木研究所
「敷居が高い」と思われがちの香木・香道ですが、私は単純に香木の香りに魅了され過ぎて、その敷居を感じる間もなく不躾に接してしまったと今さらながら猛省しています。しかし、香木・香道を通じて私と関わっていただいた方々は、皆様素晴らしい人間力をお持ちでした。この連載は若輩者である私にご指導・ご鞭撻下さった諸先輩方、そしてこれから香木に触れることになる方に向けて、これまでの感謝とともに、香木を通じた心の変化を綴っていきたいと考えています。いつの日か、この連載を読まれた方と香木について語り合える日が来たらと夢見ております。

前回の記事:香木への招待

あの時の衝撃は、いつになっても鮮明に思い出せる。本当に良い香りだった。「におい」と「香り」がどう差別化されているかは知らないが、あれは確実に「香り」だった。

どれほど時間が経っただろう。長く陶酔していたかもしれないし、とても短い時間だったかもしれない。とにもかくにも目を開けると強面がニヤニヤしていた。湧き上がってくる疑問はただ一つ。

「な・ん・だ・こ・れ・は??」その疑問を思い切り強面にぶつけた。これが香木? どこで手に入るの? どういう木なの? 極めつけは「それ頂戴!」……。

我ながら怖い。しかもこれらは脚色でもなく、私がその時発した言葉そのままだということ。──つまり私は、大口のクライアントの会長に、あろうことか一切の敬語なしで会話をしていたらしい。らしいというのは、強面からの後日談なのだ。あまりの衝撃に、その時の自分を私は忘れている。

それ以降、ハマった。大いにハマった。強面から頂いた香木を少しずつ削って、毎晩毎晩香りを楽しんだ。インターネットで調べればすぐに香木に関する情報は溢れているはずなのは分かっていたのに、全くそういうこともせず、ひたすらいただいた香木と向き合った。

道具もないので、ピンセットに削った香木を挟み、火を近くしたり、遠くしたりすることで香りの質が変わってくることを知った。小さく削るよりも大きく削った方が香りを深く楽しめることもその時知った。だから、香道のお点前は話にならないほど未熟だが、ピンセットで香木を楽しむ腕に関してだけは、並々ならぬ自負がある。

「寸暇を惜しむ」という言葉は、この時実体験した。時間を見つけては、「香木」に向き合う。強面からいただいた(奪った?)1種類の香木しかないので、とにかくそれと対話した。すると不思議なことが起こる。

何気ない行動の中で、「懐かしさ」を感じる場面に遭遇した時に、その香木の香りを一瞬だけ感じることが多々起きた。本当に一瞬の香り。その一瞬に色々思いを馳せていた。これは何だろう……。これがたまらないのだ。

だいぞー
学生時代に多くの外国を訪問。特にオーストラリアとネパールには並々ならぬ思い入れを持つ。海外での経験を重ねるごとに日本を顧みる機会を得て、約9年前に香木に出会い、一生の友とすることを誓う。その友を知ってほしく日々紹介するものの、伽羅以外を受け付けない妻に孤軍奮闘中。いつの日か好きな香木と香りを通じて知り合った仲間と一緒に、純粋に香木を楽しめる空間を持つことが夢。「香りで繋がりたい」と心底願っている、語学教育総合企業に勤務する35歳。

########## ########## ##########

続きが気になる方は

OKOPEOPLEを運営するOKOCROSSINGでは、OKOPEOPLEの最新記事やイベント情報などを定期的にニュースレターでお届けしています。入澤さんの記事の続編もニュースレターでお知らせいたしますので、下記フォームからぜひご登録ください。

編集協力:OKOPEOPLE編集部


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

だいぞー

OKOPEOPLE - お香とわたしの物語

OKOPEOPLEは、お香の交差点 OKOCROSSING が運営しています。 Web: https://oko-crossing.net/

コメント1件

こんにちは。ピンセット香道面白いですね。
熱源はライターとかロウソクですか?

最近、香木の”低温だき”に凝っています。
香道の「組香」は温度が高すぎて、せっかくの香木が勿体無い気がして。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。