社会人一年目がブロガーに人生相談してみた。

皆さん。初めまして、なべちゃん(渡邉大典)です。

社会人1年目の今だからこそ、活躍している方々に本音でインタビューをしてみようと思いインタビューをはじめました。

今回はその第一弾として、「伝える力で世界を変える」パッション中村さん(@unakamuraya )にインタビューをさせていただきました!

パッションさんと出会ったのはオンラインサロン「箕輪編集室」

パッションさんは、高卒でサラリーマンとして企業に勤めたのち、独立しブログ集客コンサルタントとして大活躍中のフリーランスの方です。(詳しくは→URL:https://naka668.com/)

そんな方に新卒会社員である僕が、インタビューをさせていただきました!

渡邉大典(以下なべちゃん) 今日はよろしくお願いします!

パッション中村さん(以下パッションさん) こちらこそよろしくお願いします!

なべちゃん 実は僕、会社員として働くことに疑問を感じていて、フリーランスに憧れているんです。
だから、実際にフリーランスってどうなのかなってことをお聞きしたいですんですけど、まずフリーランスと会社員ってどっちが楽しいですか?

パッションさん あくまでも僕の場合は・・・だけど、そりゃフリーランスですね。もうダントツですね。会社にもよると思うんですけど、前の会社には給料を10倍にするって言われても戻らないと思いますよ。まあ、半年の契約で、1億とかなら考えるけど(笑)

なべちゃん それはますます惹かれます!フリーランスと会社員の違いはどこにあるんですか?

パッションさん 裁量と意思決定の速さが大きな違いかな。これやった方がいいなって自分が思ったことは速攻でできるわけですよ。前の会社との比べっこになっちゃうけど、回議書作って、お伺い立てて、お伺いを立てるためにも根回しをするってとにかく時間がかかる。それがまどろっこしい。

なべちゃん それは大変ですね。自分も上司の顔色を伺って、色々やらなきゃいけないのでめんどくさいなとは思います。

パッションさん あとは、みんながみんなの考えを持っているし、組織だから、自分が馬の合う人ばかりと仕事ができないっていうのがあるね。今は、馬の合う人としか仕事はしない。楽しいことしかしなくていいってとこがいいね。最近だとオンラインサロンもあるから別に今の僕にとっては会社という枠に囚われなくて良かったり、、、理想とする会社が見つかれば考える。という感じかな。

なべちゃん 実際、自分の会社の方と話していると、フリーランスになったって、嫌なこともしなきゃいけないし、嫌な人と付き合わなくてもいけない。サラリーマンと同じだよって言われるのですが、そこはどうですか?

パッションさん ステップがあると思う。やっぱり実績や信頼が少ないうちは食うためにやらなきゃいけない仕事がある。根っこの考えはちょっと合わない人だけど、実入りがいいからやらせていただく。みたいな。それはそれでやりつつ、本当にやりたいことも並行して走らせて、少しづつ食うための仕事を減らしていく。楽しくて得意だけど、お金にならない仕事はゆっくり育てる。

なべちゃん どのくらい頑張ったら楽しいことだけを仕事にできるようになるんですか?

パッションさん 行動量によると思うよ。僕自身はサラリーマン辞めてから2年ちょっとかかったかな。早い方だと思う。頑張っても1年くらいは最低かかると思うし、今から準備すればもっと楽だと思う。行動量と、正しい方向。という要素が大事かも。 

なべちゃん 簡単にはいかないですよね。パッションさんはサラリーマン時代から、ブログ運営をしていたそうですが、サラリーマン時代はどのくらい行動していたのですか?

パッションさん 仕事している時間以外は全てかな。通勤電車の中、仕事を定時ダッシュしてから飯食ってそれ以降寝るまで。土日はほぼ全て。もちろん、嫁もいたから、嫁と飯食う
時間とか遊ぶ時間はもちろん取ってたけど。

なべちゃん やっぱりめちゃくちゃ行動していますね。僕なんか頑張りたいとは思ってるものの、残業が多かったり、お酒飲みに行ったりしちゃってます。。

パッションさん 楽しくて遊びにいくのはいいと思う。実際僕も26歳ぐらいまでほとんど飲みかゲームかしかしてなかったし。ただ、残業は僕は嫌いだったから徹底的に減らしたよ。繁忙期の時には精神が崩壊しかけるとか、帰りの車の中で寝そうになるとか、結構危ないラインまで仕事してたからね。

なべちゃん そこまで仕事していたんですね。その経験が今に活きている部分はあるんですか?

パッションさん その経験で根性はついたよ。あとは、「来年は絶対にこんなことしたくない!」と思って、仕事減らすためにどうするかをすごい考えた。仕事のマニュアル作って、紙と電子のファイルを全部きれいに整理し直して、カレンダーと同期させて・・・とか、その時考えて実践したことが後任の人の間で伝説として語り継がれてたみたい(笑)

なべちゃん それはすごいですね。死ぬほど仕事をやって、伝説として語り継がれたり、ブログで収益があったからこそ、自信がついてフリーになろうと決心がついたんですか?

パッションさん ブログで稼げてたものの、自分に自信は全く持てなかったよ。会社員の給料まで行かないし、イケハヤさんとかはあちゅうさんと比べてしまってまだまだだと思ってた。でも会社が嫌で辞めたいと思ってて1年くらい悶々としてた。今の会社は微妙だし、転職先がいいかどうかも入ってみないとわからない、フリーランスも食っていけるかわからないし。

なべちゃん そこからどうやってフリーランスになるって決心がついたんですか?

パッションさん 自分ではまだまだだと思ってたんだけど、周りから見るとすごいことだったみたいで。会社の外の人からすごいと言われて、「じゃあもう会社辞めてもいいや。なんとかなるだろう!」ってなっちゃった。実はね、悶々としているうちにエクスカリバーを持ってたんだよ(笑)ブログを月間40万pv、オンラインサロンも早くから作ったりしてるのって、他の人から見たらすごかったみたい。自分で今振り返ってみても良くやったわと思うし(笑)

なべちゃん パッションさんは自分でコツコツ行動してたからこそ、エクスカリバーを実は持っていたんですね。そういった、自分のスキルを持つ前に独立するのと、とりあえずフリーになるって決めるのどっちがいいんですかね。

パッションさん 独立するならまずは自分の力でお金を稼いでからだね。フリーランスは結構シビアだよ。まじでサバンナ。いろんな奴がいるから。それこそ、色んな勧誘がくるし、詐欺師みたいな人も来る。人を見る目を養うことが大事。僕自身は、フリーランスになってからたくさん勉強代を払いながら、人を見る目を養っていった。

なべちゃん そんなサバンナで生きていくために他に必要なものはありますか?

パッションさん 死んでも大丈夫なHPを持っておくこと。貯金、時間、健康、収入源、頼れる人、相談できる人なんかは最低限必要だと思うよ。どれか一つでも潰れるとすぐに死ぬって状況だと、失敗すると思うよ。下地を作っておくべき。(・・・といいながらも、制度上なかなか日本では簡単に死ねなかったりもするんだけど)

なべちゃん 収入源が一番大事ですか?

パッションさん  収入源が一番「わかりやすい。」ここで考えておくべきなのはこうやったら仕事が取れるなっていうパターンを身につけておくことだと思う。例えば、アフィリエイトで稼ぐ方法でもいいし、営業をかけてもいいと思う。僕は、コミュニティをうまく活用してた。

なべちゃん 「コミュニティを活用する」ですか?

パッションさん コミュニティに入ってそこで動画とかブログをみんなに教える。「なんかパッションさんって色々教えてくれるな」ってなる。コミュニティの中には稼いでる人もいるから、ちょっとコンサルしてもらっていいですか?とか依頼が来る。なんかこのコミュニティいいなって思って貢献してたら目をつけてもらえるようになる。これは僕の一例だけどね。

なべちゃん コミュニティの活用の仕方勉強になります。。

パッションさん それと同時に、まずはなんでもいいからトップを取らないとサバンナではなかなか生きていけないと思うよ。渡邉くんすごいねって言ってくれる人を10人でも20人でも増やす努力をする。僕がコミュニティを使い倒していた時の感覚なんだけど、仲良しの人4、5人が心配し出してから、他の人がちょっと気にしてるくらい。「中村くん大丈夫?そんなお金にもならないことやってて大丈夫?」って5人くらいに言われてやっと他の人が中村くんなんかすごいよねって浸透するレベルになる。

なべちゃん そこまで全然できていないです。

パッションさん やり方は簡単で、まずは小さいコミュニティの中で一番を取る(例えば関西チームとか、関西の中のライターとか、イベンターとか、ジャンルはなんでも良い)。そしたら、そのコミュニティの人はみんなすごいって言ってくれるじゃん。そのすごいって言ってくれてる人はみんな外に繋がりとかネットワークを持ってるわけだから、外のネットワークでも広めてもらえるわけ。そうすると活躍のフィールドが広がるよね。次は、その広がったフィールドでまた一番を取る。これを繰り返していくことが大事。いきなりサバンナに出なくてもいいからまずは小さいコミュニティで何か一番を取るところを目指すといいよ。

なべちゃん 小さなコミュニティで一番をとる。難しそうですね。

パッションさん これはね、みんなよりダントツにすごくなくて良くて、例えば、関西の段取り上手と言えば、渡邉。インタビュアーと言えば渡邉みたいになればいいだけなんだよ。

なべちゃん みんなよりすごくなくてもいいならなんとかできそう。。どこでも一番を取っていないのにサバンナに出るのは無謀ですね。

パッションさん まじで大変だと思うよ。まあ、出てもそれはそれで勉強になる。「もう路上ライブとかしなきゃ生きられない」とかなったら、化けるかもしれないし、それはわかんない。

なべちゃん その人生も面白そうですね。今自分が悩んでいるポイントの一つがどこで一番を取るのかって話で、自分の強みがどこになるのかわからないんです。

パッションさん 動いて話すしかないよ。動いてると衝突が起こる。こっち行ったら跳ね返される。そのうち自分のいい道ができて来るよ。

なべちゃん とにかくやるしかないですね。

パッションさん あとね、やる気っていうのはそんなに都合よく出てこないから。だから死ぬほど動いてるやつと一緒にいる。一緒にいると、僕もなんかしなきゃってなるから。つまりね、環境の純度を上げていくってことが大事。

なべちゃん 環境の純度をあげる。。。環境の純度を上げて、ひたすら行動して自分の強みを見つけ、コミュニティで一番を取り続けることが大事ってことですね。

パッションさん そうそう。箕輪編集室は、箕輪さんがトークライブなどで何回も言われているように「トップクラスのクリエーターがいる」場所だから、そこにいること自体がまずスゴイ。その関門は既にくぐっていて選ばれし者になっているから、次は、関西チームとか、関西のインタビュー企画とか、XXX部とか、小さな分野で活躍していくのがいいと思うな!

最後に若者に向けて一言メッセージをお願いします! 

パッションさん ざっと眺めていると、サラリーマン経験のある人ほど、おとなしい・控え目。という方が多いので、感じたことをやれ。かなぁ。実は直感って超大事だから。直感で外すかもしれないけど、これ言ったららどうしようとか頭で考えて行動を止めるじゃん。けど、それが動けない根源。直感で動いてから考える。

なべちゃん 直感で思ったこと言うって結構難しいと思うんですけど。。

パッションさん そうなんだよ(笑)。なので、言うのが怖かったら、直感を感じた時と発言をした時のタイムラグを考える。自分が本当に第一印象に何を思ったんだろうって感じ。

なべちゃん あーなるほど。

パッションさん 今の渡辺君も、心の中で「中村は何を言ってるんだろう?」って思ってから「あーなるほど」って言ったよね。

なべちゃん あ。。。

パッションさん そこの言葉を変えたのは何故なんだろうって考えるんだよ。人間は直感で感じたことと言葉で発信することはほぼほぼ違ってるから。なんでそこを変えてのか。例えば、嫌われたくないとか、怒らせたくないとか、バカに思われたくないとか、変換する理由って人によって様々だけど、それがややこしくしてるの。

なべちゃん う~ん。

パッションさん 考えすぎだよ(笑)

なべちゃん またやってしまいました(笑)でも最後にすごいノウハウ出ましたね。生きづらさを感じている僕に取って突き刺さるメッセージをありがとうございます。直感で生きるために、この変換理由には向き合っていきます。

今日は貴重なお時間いただきましてありがとうございました! 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます! 何かリアクションを頂けたら喜びます😊

僕も好きです。
6

なべちゃん

働き方100人インタビュー

様々な働き方、生き方をしている方々を取り上げたインタビュー記事を新卒1年目という視点からあげていきます。 突然、社会に放り込まれてどう生きていけばいいのかわからない僕みたいな若手の社会人の方の一助となれば嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。