第19回・「設定4(104%)は全然勝てない!」と錯覚する原因は、「4の上ブレ=6」と誤認識してるからです。

ども、くろっくです。

巷では「設定4なんて全然勝てない!」なんて良く言われてます。

しかし、それは単なる錯覚です。


先日、こんなツイートを目にしました。


本当に仰る通りだと思います。


【設定4は勝てないと誤認識する理由】

設定4の上ブレを、設定6と思いこむ
・設定4っぽい設定2を、設定4と思いこむ
・設定6の下ブレを、設定4と思いこむ

とりわけ「設定4の上ブレを設定6と思いこむ」が占める割合は著しく高いでしょう。



「4の上ブレ=6」と誤認識するとどうなるか?

・設定4の超上ブレ
=6として扱うので(4として)カウントしない
・設定4の下ブレor割通り
=4としてカウントする
体感上の設定4
=超下ブレすることはあっても、超上ブレすることは絶対にない

絶対に超上ブレしないんだから、設定4の体感日当は著しく下がるに決まってます



たとえば日当20,000円(設定4)を100万台打つとしましょう。

その際の収支分散は以下のように予想できます。

【日当20,000円の収支分散(予想)】

+120,000円 = 1%
+80,000円  =  8%
+50,000円  =  18%
+20,000円  =  30%
+5,000円   =   15%
△5,000円  =  15%
△20,000円 = 13%

平均日当=20,000円

機種によって分散のブレに差はあるものの、だいたい上のような感じになるでしょう。

たかだか104%とはいえ+80,000円(約116%)も全然あります。+120,000円(約124%)も稀にあるわけで。

結果としての機械割だけ見ると、設定6の機械割を遥かに凌駕しています。


しかし、あくまで設定4の上ブレであって、決して設定6ではないわけです。

ここで「上ブレは設定6」と誤認識するのは非常に良くない。

「設定4は出ないモノ」と永遠に錯覚することになってしまうからです。


【+80,000円以上を設定6として誤認識】

+50,000円  =  19.78%
+20,000円  =  32.97%
+5,000円   =   16.48%
△5,000円  =  16.48%
△20,000円 = 14.29%

設定4の平均体感日当=13,626円
【+50,000円以上を設定6として誤認識】

+20,000円  =  41.10%
+5,000円   =   20.55%
△5,000円  =  20.55%
△20,000円 = 17.80%

設定4の平均体感日当=4,658円


ご覧のとおりです。

本来ならば日当20,000円であるはず。
しかし「上ブレは6」と誤認識すると体感日当は4,658~13,626円にまで下がるわけなのです。

これこそが「設定4(104%前後)は全然勝てない!」と錯覚してしまう元凶なのです。



ここからは余談です。

5号機黎明期のころにリオパラダイスという機種がありました。

画像1

【機械割】
設定1  97.9%
設定5 104.8%
設定7 108.6%
【ボーナス合算確率】
設定1 1/184 
設定5 1/164
設定7 1/155
【AT中レア役成立時のAT継続率】
設定1 : 17%
設定5 : 50%
設定7 : 62%

主な判別要素は「AT中レア役成立時のAT継続率」。
AT突入の契機はBIG終了後。
レア役成立時にAT転落抽選が発生。引っ掛かるとAT終了。
設定1ならば17%なので継続することは珍しく、設定7だと62%なので頻繁に継続する。
したがって高低の判別が非常に簡単な機種と言える。


そんなリオパラダイス。

ある日僕は朝から1日打っていました。

【結果】
+95000円勝ち(結果としての機械割は約117%)
・ボナ確率は設定7を圧倒的に凌駕
・AT継続率は60%(ほぼ設定7)

当然ながら、設定7を確信していました。

「ボナ確率は設定7を遥かに凌駕してる」というだけならまだしも、
「AT継続率も設定5を相応に上回って設定7の近似値である」という要素も加わってますからね。

(ちなみに設定57を1日打ったときに採取できる「AT中レア役成立時のリオタイム継続率」の母数は60~70だったと記憶しています)

そして当時は、夜22時に設定発表というものがありました。

僕もワクワクしながら「設定7」の札が刺さるのを待っていました。



しかし・・・

刺さった札は「設定5」でした。(104.8%です)



何が言いたいか?というと....

例のリオパラダイスのような設定4の超上ブレ。

これが設定発表のない今の時代に起きたら?

「456確しか出てないけど、全要素が6以上だし6でOKだろう」となるのではないでしょうか?


機械割104%であっても収支+80,000円以上で上ブレすることは全然あります。

その超上ブレを設定6と誤認識するから「設定4は全然勝てない!」という錯覚が起きるわけです。

+80,000以上の設定4は設定6とカウント
→設定4は絶対に+80,000以上の収支が出ないと錯覚する
→体感としての設定4は全然出ない


打開策としては....

「6確の出ていない456確」は、とりあえず全部「設定4」として認識しておく。

どれだけ上ブレしても、全部を「設定4」として扱っておく。

これがベターだと思います。



では、ここらへんで。


スロットのブログ→逆張り第9地区

Twitter→くろっく@アビトラ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

くろっく@期待値考察

僕は現在、①仮想通貨のアービトラージ ②スロットの期待値稼働(=ハイエナ) ③ブログ広告収入 にて生計を立てています。  当noteでは②スロ期待値に関しての情報を発信します。(これにより③の収益UPも狙う)  スロットブログ→https://neet-exposure.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。