名古屋大学からのびる坂道

坂道を抜けて少し歩く。
するとカフェバーdrawingはあった。
ハイソサエティな一軒家の中にある学生マンション風の建物の1階。
ちょうどいい、というしかない広さのお店。10人だったらもう貸切ですよという店長のりゅうへいさん。
本当にいいスペース。
オープニングパーティーは本当にあっという間で永見さんは緊張してましたが昭和感と平成感とが同居した独特のシンガーで好きでした。あと場末感。
gofishは、以前共演させて頂いた時と随分と印象が変わりましたが、それでも魅力的で素敵でした。

そのあと残ってみんなで下らなすぎる詭弁を披露しあって、もちろん船頭はgofish!?、そのあと今回オーガナイズしてくれたタピ君と3人でケバブ屋で打ち上がるという素敵な時間でした。

本日は本日で三浦知也さんという良心に個店の様子やアーティスト写真を撮影してもらって、それも凄く楽しい時間でした。

辻本のホンボン鞄をお披露目できたことも嬉しかったです。

個展は10/3までやっているので是非とも一度足を運んでみて下さい。

名古屋は坂が多い街。

素敵カメラマン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

『レトリックの甘い罠』kazuki hashimoto

kazuki hashimotoのあれこれ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。