とあるアパートの1室について:プチタム

窓クーラーが唄う怪音で、BGMとしてながしているThe Dylan Groupの音はもはやトップに響く打楽器の音しか聴こえません。
そう、ここは出町柳のとある集合住宅(アパートメント)の一室にプチタムというお店であります。

一昨年でしょうか?私は切り絵の絵本を作りました。取り扱っていただく本屋さんを探してた時に出会ったのが池袋のポポタムというお店です。その後なぜかポポタム京都支店ともいえるプチタムで私は店番をしているわけです。そこにある窓クーラーはその前、まさにその眼前にいれば涼しいのですが、京都の極暑の小さな一室全体を冷やすには到底役不足であり、お客さんのために馬力を振り絞る彼はその怪音で高らかに歌うのです。

さて、私がこのお店に座っていると「ここって他に住んでいる人がいるのですか?」と建物についての質問をされる方がたくさんおられます。
確かにプチタムのあるアパートは目印となる看板が目線より随分下にあるため入り口はわかりにくい、入り口の扉を開けてもどう見ても木造住居、あげく玄関で靴を脱ぐ、お店が2階の一番奥、など立地的にはどう考えてもどうかしているのです。
しかしこの木造アパートはとても味わい深い建物です。ナンセンスかつハイセンスな作家の作品がたくさんあります。ぜひ一度いらしてください。The Dylan Groupと窓クーラーの共演をお楽しみいただけることでしょう。

<プチタムアクセス>
京阪電車・叡山鉄道「出町柳駅」すぐ、レンタサイクル屋さんの北隣、(さくらハウスより手前)「鴨柳荘 柳アパート」の扉を開けて、玄関で靴を脱いで上がってください。左奥の階段、二階に上がってすぐの小さな部屋です。
<住所>
606-8205 京都市左京区田中上柳町21 鴨柳荘柳アパート2階17号(左奥の階段上がってすぐ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

『レトリックの甘い罠』kazuki hashimoto

kazuki hashimotoのあれこれ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。