名古屋:夏の終わりの思い出

すっかり秋というか寒いくらいの冬寸前になりましたが、3週連続(展示・友達の結婚パーティ・展示の片付け)で愛知県に行っては帰る日々でした。drawing展示期間は本当にいろんな人と再会したり初めましてだったりで濃厚な日々でした。そして展示が終わった途端に風邪をこじらしてしまっていました。
drawingのリョウヘイさんとオーガナイズしてくれたtapi君、オープニングパーティに出ていただいたgofishショウタさん(打ち上げで爆発)と永見さん、撮影の知也さん、DMの安東くんに、trailerなどの田村くん、そして来場してくれた皆さん、本当にありがとうございました。小さな展示にもこれ以外にもたくさんの人の協力があって成り立っていると思うとすごいです。

あとdOPPOを解散してから辻本に関しては久しぶりの演奏で緊張したみたいでしたが、いい歌を作っているのでお披露目できてよかったです。勿論またドラムも叩いてくれるといいですね。

寒くなった京都でいよいよ来週金曜からホンボン地区の展示が開始になります。京都は出町柳のプチタムというお店です。東京は池袋の本屋さんポポタムの京都ミニショップ。ここは、少し前までnot pillar booksがあった場所で見つけにくいことこの上ない隠れ家中の隠れ家のようなお店です。ただあまりにもわかりにくい、且つ入りにくい玄関の佇まいを勇気を出して扉をあけると不思議なアパートが広がってます。ひょんな縁からこちらで展示をさせてもらうことになりました。是非お越しください。

あと名古屋にもまた行く予定がでているので又告知します。ソロもやりたいんですがこれが落ち着かないとなんとも。しかしピアノアルバムをカセットテープに詰め込むのでそちらも乞うご期待。

それでは名古屋での展示の模様をご覧ください。↓のリンクから〜

展示の模様

次は出町柳プチタムで会いましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

『レトリックの甘い罠』kazuki hashimoto

kazuki hashimotoのあれこれ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。