はじめての切り絵展 京都編 in プチタム

いよいよホンボン地区の展示が京都は出町柳プチタムで明日より開始します。

切り絵のほうは、まだ展示内容を決めていませんが終了時期が決まっていないので、切り絵の作品はランダムにかけかえをする予定です。また名古屋では展示しなかった作品も展示予定なので期間中、一度といわず二度三度いらしてください。もちろん販売もします。

あとは革細工の展示ですが。辻本まり子の革細工「ホンボン鞄」なのですが、実は切り絵以上に好評いただいております。すでに某バンドのベーシストとか某バンドのベーシストなど愛用をいただいていたのですが、やはり名古屋でも好評でした。
名古屋でも受注をいくつかお受けしたのですが、辻本の完全手作りで一点一点じっくり作っているため、当然生産が間に合っておりません。(嬉しい悲鳴)
なので京都編ではいったん受注はストップさせていただきます。展示商品はそのまま購入していただけます。在庫なくなり次第、期間中制作し補充する予定だそうです。そちらもおたのしみに。

ちなみにプチタムは出町柳駅(京阪・叡山電車)を降りて川を左に見てロッテリアを超え、レンタサイクルを超えたすぐ北側にあります。本当に壮絶わかりにくい&入るのに勇気がいる立地なのですが、入ってみるとなんとなく落ち着く懐かしいような建物です。

ホンボン地区のデモCDR+ポストカードのセットも半分くらいは残っているので増刷なしで販売します。はじめての切り絵展用に録音した2曲入りで
1.食欲もなくなるコラール/カラス
2.橋本和樹(TheThisTown)/テノール
です。今回の展示をもって販売終了しますのでお買い逃しなきよう。

それでは現場でお待ちしております。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

『レトリックの甘い罠』kazuki hashimoto

kazuki hashimotoのあれこれ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。